参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: 歴代天皇事典 - 高森明勅監修、PHP文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


前回書くべきでしたが、第九代開化天皇とイカガシコメの命との間に生まれたのが崇神天皇(ミマキイリヒコイニエの命)です。イカガシコメの命は第八代孝元天皇の后です(皇后ではない)。また孝元天皇とイカガシコメの命の間に武内宿禰(たけしうちのすくね)の祖父であるヒコフツオシノマコトの命が生まれています。(参考3)

 御眞木入日子印惠(みまきいりひこいりえ)の命、師木(しき)の水垣(みづかき)の宮にましまして、天の下治らしめしき。この天皇、木の國の造、名は荒河戸辨(あらかはとべ)が女(むすめ)、遠津年魚目目微比賣(とほつあゆめまくはしひめ)に娶(あ)ひて、生みませる御子、豐木入日子(とよきいりひこ)の命、次に豐鉏入日賣(とよすきいりひめ)の命二柱。また尾張の連が祖意富阿麻比賣(おほあまひめ)に娶ひて、生みませる御子、大入杵(おおいりき)の命、次に八坂の入日子(いりひこ)の命、次に沼名木(ぬなき)の入日賣(いりひめ)の命、次に十市(とをち)の入日賣の命四柱。また大毘古(おほびこ)の命が女、御眞津比賣(みまつひめ)の命に娶ひて、生みませる御子、伊玖米入日子伊沙知(いくめいりひこいさち)の命、次に伊耶(いざ)の眞若(まわか)の命、次に國片比賣(くにかたひめ)の命、次に千千都久和比賣(ちぢつくやまとひめ)の命、次に伊賀比賣(いがひめ)の命、次に倭日子(やまとひこ)の命六柱。この天皇の御子たち、并せて十二柱(男王七、女王五なり。)かれ伊久米伊理毘古伊佐知(いくめいりひこいさち)の命は、天の下治らしめしき。次に豐木入日子(とよきいりひこ)の命は、上つ毛野、下つ毛野の君等が祖なり。妹(いも)豐鉏比賣(とよすきひめ)の命は伊勢の大神の宮を拜(いつ)き祭りたまひき。次に大入杵(おほいりき)の命は、能登の臣が祖なり。次に倭日子(やまとひこ)の命は、この王の時に始めて陵に人垣を立てたり。

参考1によると師木(しき)は奈良県磯城郡のこととある。

崇神天皇には子供が12人(男7、女5)いた。そのなかでイクメイリヒコイサチの命は次の垂仁天皇となる。ヤマトヒコの命は死後葬られるときにはじめて人垣(殉死者を生きたまま埋めること)を立てたという。

人垣というのはちょっと現代人の感覚では分かりにくいですが、武士は主君の死に殉じて切腹するというのが珍しくなかったですし、近代で有名なのは明治天皇の崩御に殉じて乃木大将が自刃したというのもあります。それほど君臣の絆は深かったということです。

また埴輪が人垣の代替として始まったのかどうかは定かではないようです。

埴輪 - Wikipediaより

『日本書紀』垂仁紀には、野見宿禰(のみのすくね)が日葉酢媛命の陵墓へ殉死者を埋める代わりに土で作った人馬を立てることを提案したとあり、これを埴輪の起源とする。しかし、考古学的に上記のような変遷過程が明らかとなっており必ずしも正しいとは言えない。ただし垂仁天皇は実在したとすれば世代的に三世紀後半から四世紀前半の人物であり[* 3]の埴輪が作られ始めた時期に限ればこの説話と考古学は一致するともいえる。