参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: 歴代天皇事典 - 高森明勅監修、PHP文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


前々回のサホ姫との最後の会話からの続きです。

 またその后の白したまひしまにまに、美知能宇斯(みちのうし)の王の女たち、比婆須(ひばす)比賣の命、次に弟(おと)比賣の命、次に歌凝(うたこり)比賣の命、次に圓野(まとの)比賣の命、并はせて四柱を喚上(めさ)げたまひき。然れども比婆須(ひばす)比賣の命、弟(おと)比賣の命、二柱を留めて、その弟王二柱は、いと醜きに因りて本(もと)つ土(くに)に返し送りたまひき。ここに圓野(まとの)比賣慚(やさし)みて「同兄弟(はらから)の中に、姿醜(みにく)きによりて、還さゆる事、隣里(ちかきさと)に聞えむは、いと慚(やさ)しきこと」といひて、山代の國の相樂(さがらか)に到りし時に、樹の枝に取り懸(さが)りて、死なむとしき。かれ其地(そこ)に名づけて、懸木(さがりき)といひしを、今は相樂(さがらか)といふ。また弟國(おとくに)に到りし時に、遂に峻(ふか)き淵に墮ちて、死にき。かれ其地(そこ)に名づけて、墮國(おちくに)といひしを、今は弟國といふなり。

垂仁天皇はサホ姫の言った通りに、ミチノウシの王の娘たち、ヒバス姫、オト姫、ウタコリ姫、マトノ姫の四人を召し上げて用いようとした。

しかし召し上げてみるとウタコリ姫とマトノ姫は眉目が良くない。そこでヒバス姫とオト姫のみを留めて、ウタコリ姫とマトノ姫は国に送り返すことにした。

(コメント) その昔、ニニギの命がコノハナサクヤ姫を残してイワナガ姫を送り返してしまったことを思い出す。邇邇藝の命 - 木の花の佐久夜毘賣を参照。

マトノ姫はこれをいたく恥じて「同じ姉妹であるのに眉目が悪いといって還されるというのは近隣の聞こえも悪いというもの。女にとってこれほどの恥ずかし目がありましょうか」といって、山城の国の相樂(さがらか)に着いたときに木に首を吊ろうとした。それでその地に懸木(さがりき)と名が付き、それが転じて相樂(さがらか)となった。(相楽郡。現在の木津川市に含まれる。)

悲嘆にくれたマトノ姫は、結局、弟國(おとくに)に着いたときに深い淵に落ちて亡くなってしまった。そこでその地を墮國(おちくに)といったのが転じて今は弟國(おとくに)という。

(コメント) 時を経て、弟國が(読みは同じだが)漢字が変わって乙訓郡となる。これは大山崎町のあたりで、山崎といえば秀吉と光秀の山崎の合戦で有名。