参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: 歴代天皇事典 - 高森明勅監修、PHP文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


今回はなかなかドラマチックなお話になっています。

 この天皇、沙本毘賣(さほひめ)を后としたまひし時に、沙本毘賣の命の兄、沙本毘古(さほびこ)の王、その同母妹(いろも)に問ひて曰はく、「夫(せ)と兄(いろせ)とはいづれか愛(は)しき」と問ひしかば、答へて曰はく「兄を愛しとおもふ」と答へたまひき。ここに沙本毘古(さほびこ)の王、謀りて曰はく、「汝(みまし)まことに我(あれ)を愛しと思ほさば、吾と汝と天の下治らさむとす」といひて、すなはち八鹽折(やしほり)の紐小刀(ひもがたな)を作りて、その妹(いろも)に授けて曰はく、「この小刀もちて、天皇の寢(みね)したまふを刺し殺(し)せまつれ」といふ。かれ天皇、その謀を知らしめさずて、その后の御膝を枕(ま)きて、御寢したまひき。ここにその后、紐小刀もちて、その天皇の御頸(おほみくび)を刺しまつらむとして、三度擧(ふ)りたまひしかども、哀(かな)しとおもふ情にえ忍(あ)へずして、御頸をえ刺しまつらずて、泣く涙、御面(おほみも)に落ち溢(あふ)れき。天皇驚き起ちたまひて、その后に問ひてのりたまはく、「吾(あ)は異(け)しき夢(いめ)を見つ。沙本(さほ)の方(かた)より、暴雨(はやさめ)の零(ふ)り來て、急(にはか)に吾が面を沾(ぬら)しつ。また錦色の小蛇(へみ)、我が頸に纏(まつ)はりつ。かかる夢は、こは何の表(しるし)にあらむ」とのりたまひき。ここにその后、爭ふべくもあらじとおもほして、すなはち天皇に白して言さく、「妾が兄沙本毘古の王、妾に、夫と兄とはいづれか愛(は)しきと問ひき。ここにえ面勝たずて、かれ妾、兄を愛しとおもふと答へ曰へば、ここに妾に誂(あとら)へて曰はく、吾と汝と天の下を治らさむ。かれ天皇を殺(し)せまつれといひて、八鹽折(やしほり)の紐小刀(ひもがたな)を作りて妾に授けつ。ここを以ちて御頸を刺しまつらむとして、三度擧(ふ)りしかども、哀しとおもふ情忽に起りて、頸をえ刺しまつらずて、泣く涙の落ちて、御面(おほみも)を沾(ぬ)らしつ。かならずこの表(しるし)にあらむ」とまをしたまひき。

垂仁天皇がサホ姫を皇后にむかえたとき、サホ姫の兄のサホ彦が妹に「そなたは夫と兄はどちらが愛しいと思うか?」と問うたところ、サホ姫は「兄をこそ愛しいと思います」と答えた。サホ彦は謀をめぐらして、「そなたが本当に私を愛しいと思うなら、私とそなたと二人で天下を治めようぞ」と言って、染め糸(後の文脈から錦色と思われる)のついた小刀をつくって妹に授け「この小刀で、寝ている天皇を刺したてまつれ」と言った。

天皇はその謀を知らず、サホ姫の膝を枕にして休んでいた。サホ姫は天皇の首を刺そうとして三度振りかぶったが、哀しい気持ちをおさえられず刺すことができなかった。そして涙が天皇の顔にしたたり落ちた。

天皇は驚き目を覚まして、「妙な夢を見た。サホの方(奈良県佐保)から驟雨がやってきて顔を濡らしたのだ。また錦色の蛇が顔にまとわりついたのだが、これはいったい何の知らせであろうか?」とサホ姫に問うた。

サホ姫は隠しきれないと思い、「兄のサホ彦に夫と兄とどちらが愛しいかと問われ、面と向かって問いつめられ逆らうことができず兄を愛しいと思うと答えると、自分とそなたで天下を治めよう、天皇を殺したてまつれと、小刀を作ってわたしに授けたのです。それで御首を刺しまいらせようと三度振りかぶりましたが、哀しい思いが湧きあがり刺しまいらせることできず、涙が落ちて御顔を濡らしたてまつったのです。きっとこのしるしでありましょう。」と言った。

 ここに天皇詔りたまはく、「吾はほとほとに欺かえつるかも」とのりたまひて、軍を興して、沙本毘古(さほびこ)の王を撃ちたまふ時に、その王稻城(いなぎ)を作りて、待ち戰ひき。この時沙本毘賣の命、その兄にえ忍(あ)へずして、後(しり)つ門より逃れ出でて、その稻城(いなぎ)に納(い)りましき。

垂仁天皇は「あやうく欺かれるとろであったか」と言い、サホ彦討伐の軍をおこした。サホ彦のほうは矢をよける稲の囲いをつくって待ち構えていた。このときサホ姫は兄への思いを断ちきれずに宮廷の後門からこっそりと抜け出して、サホ彦の稲の城の中に入った。

 この時にその后姙(はら)みましき。ここに天皇、その后の、懷姙みませるに忍へず、また愛重(めぐ)みたまへることも、三年になりにければ、その軍を𢌞(かへ)して急(すむや)けくも攻めたまはざりき。かく逗留(とどこほ)る間に、その姙(はら)める御子既に産(あ)れましぬ。かれその御子を出して、稻城(いなぎ)の外に置きまつりて、天皇に白さしめたまはく、「もしこの御子を、天皇の御子と思ほしめさば、治めたまふべし」とまをしたまひき。ここに天皇詔(の)りたまはく、「その兄を怨(さら)ひたまへども、なほその后を愛しとおもふにえ忍へず」とのりたまひて、后を得むとおもふ心ましき。ここを以ちて軍士(いくさびと)の中に力士(ちからびと)の輕捷(はや)きを選り聚(つど)へて、宣りたまはくは、「その御子を取らむ時に、その母王(ははみこ)をも掠(かそ)ひ取れ。御髮にもあれ、御手にもあれ、取り獲むまにまに、掬(つか)みて控(ひ)き出でよ」とのりたまひき。ここにその后、あらかじめその御心を知りたまひて、悉にその髮を剃りて、その髮もちてその頭を覆ひ、また玉の緒を腐(くた)して、御手に三重纏(ま)かし、また酒もちて御衣(みけ)を腐して、全き衣(みそ)のごと服(け)せり。かく設け備へて、その御子を抱(うだ)きて、城の外にさし出でたまひき。ここにその力士(ちからびと)ども、その御子を取りまつりて、すなはちその御祖(みおや)を握(と)りまつらむとす。ここにその御髮を握(と)れば、御髮おのづから落ち、その御手を握れば、玉の緒また絶え、その御衣(みけし)を握(と)れば、御衣すなはち破れつ。ここを以ちてその御子を取り獲て、その御祖(みおや)をばえとりまつらざりき。かれその軍士ども、還り來て、奏(まを)して言さく、「御髮おのづから落ち、御衣破れ易く、御手に纏(ま)かせる玉の緒もすなはち絶えぬ。かれ御祖を獲まつらず、御子を取り得まつりき」とまをす。ここに天皇悔い恨みたまひて、玉作りし人どもを惡(にく)まして、その地(ところ)をみな奪(と)りたまひき。かれ諺(ことわざ)に、地(ところ)得ぬ玉作りといふなり。

ところがこのときサホ姫は天皇の子を身籠っていた。

天皇は三年も愛し懐妊までしている姫を思い、にわかに攻めたてることもできなかった。こうして攻めあぐねる間にサホ姫は身籠った子を出産していた。その御子を稲城の外に抱いて出て、寄手の兵士に「もしこの子を天皇の子とおぼしめさるなら、どうかお育てになってくださいと天皇に申し上げなさい」と言った。天皇は「兄こそ憎いと思えども今なお后を愛しいと思う」と言い、なんとかして后を取り戻そうと苦心した。

そこで兵士のなかでも屈強かつ敏捷なものを選りすぐって仰るには「御子を取るときに后もいっしょに掠め取れ。髪でも手でも何でもよいから掴んで引き出せ。」

ところが后はこのことあるを察知して、あらかじめ髪を剃ってそれをかつらのようにかぶり、玉の緒を腐らせて手に三重に巻き、また酒でもって衣服を腐らせて、まっさらの衣服のように着ていた。このように準備して御子を抱いて城の外に立った。

兵士たちはまず御子を取り、つぎにその母を取ろうとしたが、髪をつかめば髪が落ち、手を握れば玉の緒が切れ、衣服を掴めば破れてしまった。結局、御子のみを取り返したが母を取り返すことはできなかった。結局、兵士たちは戻ってきて「髪はおのずから落ち、衣服は破れやすく、手に巻いた玉の緒も切れてしまいました。すなわち御子は取り戻しましたが、御母君をとり戻すことはできませんでした」と復命した。天皇は悔しがって、腐った玉の緒をつくった者どもを憎んで所領をとり上げてしまった。これを指して諺に「ところ得ぬ玉作り」という。(参考1の注に、玉作りは土地を持たないという諺とあるが、理不尽なとばっちりを受けることのようにも読める)

 また天皇、その后に命詔(みことのり)したまはく、「およそ子の名は、かならず母の名づくるを、この子の御名を、何とかいはむ」と詔りたまひき。ここに答へて白さく、「今火の稻城(いなぎ)を燒く時に、火(ほ)中に生(あ)れましつ。かれその御名は、本牟智和氣(ほむちわけ)の御子(みこ)とまをすべし」とまをしたまひき。また命詔したまはく「いかにして日足(ひた)しまつらむ」とのりたまへば、答へて白さく、「御母(みおも)を取り、大湯坐(おほゆゑ)、若湯坐(わかゆゑ)を定めて、日足しまつるべし」とまをしたまひき。かれその后のまをしたまひしまにまに、日足(ひた)しまつりき。またその后に問ひたまはく、「汝(みまし)の堅めし瑞(みづ)の小佩(をひも)は、誰かも解かむ」とのりたまひしかば、答へて白さく、「旦波(たには)の比古多多須美智能宇斯(ひこたたすみちのうし)の王(みこ)が女、名は兄比賣(えひめ)弟比賣(おとひめ)、この二柱の女王(ひめみこ)、淨き公民(おほみたから)にませば、使ひたまふべし」とまをしたまひき。然ありて遂にその沙本比古(さほひこ)の王を殺(と)りたまへるに、その同母妹(いろも)も從ひたまひき。

垂仁天皇がサホ姫に「およそ子供の名は母が名づけるのが習わしである、この子の名を何としようぞ。」と問うと、答えて「いま稲城が焼けるときに火の中に生まれたのですから、ホムチワケとしましょう。」

(コメント)参考1の注にホは火、ムチは尊称、ワケは若い男、とある。大国主の若いときの名はオオナムチであったし、日本書紀では天照大神はオオヒルメノムチともいう。

天皇はさらに「どのように育てたらよいか」と問うと、「乳母を定め、湯浴みの介添に主な者と控えの者と二人を決めて育てましょう」と答える。そして後日その通りに育てられることになった。

「そなたが結んでくれた衣の紐は誰にまかせたら良いか」と問うと、「丹波のヒコタタスミチノウシの娘二人、エヒメとオトヒメは心の清らかな者たちですからお用いになってください」と言う。

このようなやり取りの後、サホ彦を成敗するとサホ姫も命を絶った。