本日は即位礼正殿の儀をスマホで見ましたが、今上陛下で第126代ということになります。ちょうどこのブログの古事記シリーズで神武天皇のところまで読み終わったところですが途方もない歴史だと思います。

人知の及ぶ範囲でいうと皇統は第26代の継体天皇までは確実に遡れるとのことで、さらに諸説あるようですが応神天皇までは遡れるという見方もあるようです。

少くとも継体天皇から数えても1500年を超える存在として天皇があるということで、それは人間の業ではないと思っています。

もちろん卑近なレベルでみると色々と人間臭いことの連続であったでしょうが。

さて前回の記事で注文していたパソコンは台風19号の影響で一ヶ月ほど納品が遅れることになりました。

今のパソコンは突然勝手に再起動するということ以外は普通に動くので一ヶ月くらいは問題はないかなと思います。被災地の復興を願います。

古事記はまたボチボチやっていきます。