参考1: 校註 古事記 - 青空文庫 参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫 参考3: 歴代天皇事典 - 高森明勅監修、PHP文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


今回は小碓の命が西征してヤマトタケルと呼ばれるようになる顛末です。

 天皇、小碓(をうす)の命に詔りたまはく、「何とかも汝(みまし)の兄(いろせ)、朝夕(あしたゆふべ)の大御食(おほみけ)にまゐ出來ざる。もはら汝(みまし)ねぎ教へ覺せ」と詔りたまひき。かく詔りたまひて後、五日に至るまでに、なほまゐ出でず。ここに天皇、小碓の命に問ひたまはく、「何ぞ汝の兄久しくまゐ出來ざる。もしいまだ誨(をし)へずありや」と問ひたまひしかば、答へて白さく、「既にねぎつ」とまをしたまひき。また「いかにかねぎつる」と詔りたまひしかば、答へて白さく、「朝署(あさけ)に厠に入りし時、待ち捕へ搤(つか)み批(ひし)ぎて、その枝を引き闕(か)きて、薦(こも)につつみて投げ棄(う)てつ」とまをしたまひき。

景行天皇は小碓の命に「どうしてお前の兄は朝夕の御饌の席に出てこないのだ。お前から懇ろによく言って聞かせなさい。」と命じた。この後、五日経っても大碓の命は姿を見せなかったので、天皇は「なぜお前の兄はいまだに出てこないのだ。まさか懇ろに諭していないのではあるまいな?」と問うた。

小碓の命は「もう申し聞かせました」と答えた。天皇は「どのように諭したのか?」と聞くと、「朝早く厠に入ったときに、捕まえて、ぶん殴って、手足をへし折って、薦に包んで捨ててきました。」と事もなげに答えた。

 ここに天皇、その御子の建く荒き情を惶(かしこ)みて、詔りたまひしく、「西の方に熊曾建(くまそたける)二人あり。これ伏(まつろ)はず、禮旡(ゐやな)き人どもなり。かれその人どもを取れ」とのりたまひて、遣したまひき。この時に當りて、その御髮(みかみ)を額(ぬか)に結はせり。ここに小碓(をうす)の命、その姨(みをば)倭比賣(やまとひめ)の命の御衣御裳(みそみも)を給はり、劒(たち)を御懷(ふところ)に納(い)れていでましき。

天皇は小碓の命の気性の猛々しさを恐れ「西にクマソタケルという者が二人おる。こ奴らは命に従わず礼儀もしらない者共である。この者共を打ち取ってまいれ」と言って体よく西に下らせた。このとき小碓の命は少年らしく髪を額に結っていた。出立におよんで叔母のヤマトヒメの命から女子の衣装を授かり、剣を懐にひそませて西に向かった。

かれ熊曾建(くまそたける)が家に到りて見たまへば、その家の邊に、軍(いくさ)三重に圍み、室を作りて居たり。ここに御室樂(みむろうたげ)せむと言ひ動(とよ)みて、食(をし)物を設(ま)け備へたり。かれその傍(あたり)を遊行(ある)きて、その樂(うたげ)する日を待ちたまひき。ここにその樂の日になりて、童女(をとめ)の髮のごとその結はせる髮を梳(けづ)り垂れ、その姨(みをば)の御衣御裳(みそみも)を服して、既に童女の姿になりて、女人(をみな)の中に交り立ちて、その室内(むろぬち)に入ります。

クマソタケルの館に至ると、館のまわりを物々しく三重に兵で囲み新たな室を作っているところであった。それが完成すると棟上げの祝いをしようと宴席を設けることとなった。小碓の命はその辺りを巡って宴の日を待つことにした。

さてその宴の日になると少年風の結った髪を解き少女のように垂らし叔母から授かった女子の衣装を身に着け、少女のふりをして女のなかに混じって宴の席に入り込んだ。

ここに熊曾建(くまそたける)兄弟二人、その孃子を見感(め)でて、おのが中に坐(ま)せて、盛に樂(うた)げつ。かれその酣(たけなは)なる時になりて、御懷より劒を出だし、熊曾(くまそ)が衣の矜(くび)[#「矜」はママ]を取りて、劒もちてその胸より刺し通したまふ時に、その弟(おと)建(たける)見畏みて逃げ出でき。すなはちその室の椅(はし)の本に追ひ至りて、背の皮を取り劒を尻より刺し通したまひき。ここにその熊曾建白して曰さく、「その刀をな動かしたまひそ。僕(やつこ)白すべきことあり」とまをす。ここに暫(しまし)許して押し伏せつ。ここに白して言さく、「汝(な)が命は誰そ」と白ししかば、「吾(あ)は纏向(まきむく)の日代(ひしろ)の宮にましまして、大八島國(おおやしまくに)知らしめす、大帶日子淤斯呂和氣(おほたらしひこおしろわけ)の天皇の御子、名は倭男具那(やまとをぐな)の王なり。おれ熊曾建二人、伏(まつろ)はず、禮(ゐや)なしと聞こしめして、おれを取り殺(と)れと詔りたまひて、遣せり」とのりたまひき。ここにその熊曾建白さく、「信に然(しか)らむ。西の方に吾二人を除(お)きては、建(たけ)く強(こは)き人無し。然れども大倭(おほやまと)の國に、吾二人にまして建(たけ)き男は坐(いま)しけり。ここを以ちて吾、御名を獻らむ。今よ後、倭建(やまとたける)の御子と稱へまをさむ」とまをしき。この事白(まを)し訖へつれば、すなはち熟苽(ほそぢ)のごと、振り拆(さ)きて殺したまひき。かれその時より御名を稱へて、倭建(やまとたける)の命とまをす。然ありて還り上ります時に、山の神河の神また穴戸(あなど)の神をみな言向け和(やは)してまゐ上りたまひき。

クマソタケルの兄弟二人は小碓の命たる少女を愛でて間に座らせて大いに楽しんだ。やがて宴もたけなわとなった時、小碓の命は懐から剣を抜き、クマソの服の襟をつかんで胸を突き刺した。それを見たクマソタケルの弟は一目散に逃げ出したが、あっという間に部屋の階段のもとに追いつめて衣を後ろからつかみ、剣を尻から突き刺した。

クマソタケルは「どうかその剣を動かさないでくだセェ。申し上げたいことがあるんでサァ」と言う。そこで小碓の命はしばしクマソを組み伏せて話を聞くことにした。

「そなた様は一体何者であられますか」とクマソが聞くと、「俺は纏向の日代の宮にて天下を治めるオオタラシヒコオシロワケの天皇の御子、ヤマトヲグナの王である。天皇はクマソタケル二人が無礼にも統治に従わないとお聞きになって、俺に成敗してまいれと遣わされたのだ」と答えた。

クマソは「まことにその通りでございましょう。西国に我等二人ほど強い者はおりません。しかし大ヤマトの国に我等二人よりも強い男がおわしたのです。したがって私の名を奉りましょう。今後はヤマトタケルの御子と称え申し上げます」という。

小碓の命はこれを聞き終わると熟れた瓜を引き裂くようにクマソタケルを殺してしまった。その時以来、小碓の命をヤマトタケルの命と呼ぶ。こうして帰京の途につくと、途中の山河の神、海峡の神をことごとく平定していった。