参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: 歴代天皇事典 - 高森明勅監修、PHP文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


景行天皇と成務天皇の部ですが、次回以降ほとんどは日本武尊(ヤマトタケルのミコト)の話で占められます。

 大帶日子淤斯呂和氣(おほたらしひこおしろわけ)の天皇、纏向(まきむく)の日代(ひしろ)の宮にましまして、天の下治らしめしき。この天皇、吉備(きび)の臣等の祖、若建吉備津日子(わかたけきびつひこ)が女、名は針間(はりま)の伊那毘(いなび)の大郎女(おほいらつめ)に娶ひて、生みませる御子、櫛角別(くしつのわけ)の王、次に大碓(おほうす)の命、次に小碓(をうす)の命、またの名は倭男具那(やまとをぐな)の命、次に倭根子(やまとねこ)の命、次に神櫛(かむくし)の王五柱。また八尺(やさか)の入日子(いりひこ)の命が女、八坂(やさか)の入日賣(いりひめ)の命に娶ひて、生みませる御子、若帶日子(わかたらしひこ)の命、次に五百木(いほき)の入日子(いりひこ)の命、次に押別(おしわけ)の命、次に五百木(いほき)の入日賣(いりひめ)の命、またの妾(みめ)の御子、豐戸別(とよとわけ)の王、次に沼代(ぬなしろ)の郎女(いらつめ)、またの妾(みめ)の御子、沼名木(ぬなき)の郎女(いらつめ)、次に香余理比賣(かぐよりひめ)の命、次に若木(わかき)の入日子(いりひこ)の王、次に吉備の兄日子(えひこ)の王、次に高木比賣(たかぎひめ)の命、次に弟比賣(おとひめ)の命。また日向(ひむか)の美波迦斯毘賣(みはかしひめ))に娶ひて、生みませる御子、豐國別(とよくにわけ)の王。また伊那毘(いなび)の大郎女(おほいらつめ)の弟、伊那毘の若郎女(わかいらつめ)に娶ひて、生みませる御子、眞若(まわか)の王、次に日子人(ひこひと)の大兄(おおえ)の王。また倭建(やまとたける)の命の曾孫(みひひこ)名は須賣伊呂大中つ日子(すめいろおほなかつひこ)の王が女、訶具漏比賣(かぐろひめ)に娶ひて生みませる御子、大枝(おほえ)の王。およそこの大帶日子(おほたらしひこ)の天皇の御子たち、録(しる)せるは廿一王(はたちまりひとはしら)、記さざる五十九王(いそぢまりここのはしら)、并はせて八十王(やそはしら)います中に、若帶日子(わかたらしひこ)の命と倭建(やまとたける)の命、また五百木(いほき)の入日子(いりひこ)の命と、この三王(みはしら)は太子(ひつぎのみこ)の名を負はし、それより餘(ほか)七十七王(ななまりななはしら)は、悉に國國の國の造(みやつこ)、また別(わけ)、稻置(いなぎ)、縣主(あがたぬし)に別け賜ひき。かれ若帶日子(わかたらしひこ)の命は、天の下治らしめしき。小碓(をうす)の命は、東西の荒ぶる神、また伏(まつろ)はぬ人どもを平(ことむ)けたまひき。次に櫛角別(くしつのわけ)の王は、茨田(ばらだ)の下の連等が祖なり。次に大碓(おほうす)の命は守の君、太田の君、島田の君が祖なり。次に神櫛(かむくし)の王は、木の國の酒部の阿比古(あびこ)、宇陀の酒部が祖なり。次に豐國別(とよくにわけ)の王は、日向の國の造が祖なり。

この部分は真面目に訳すのも面白くないので大雑把にやります。参考2を参照のこと。

オホタラシヒコオシロワケの天皇は景行天皇のことです。たくさんの子宝に恵まれた天皇で特に(前)皇后との間に生まれた双子、大碓の命、小碓の命が有名で、この小碓の命がヤマトタケルの命です。

この双子が生まれたときのエピソードとして参考3から引用しますと:

一説によると、この播磨稲日大郎姫命の出産のとき、景行天皇は当時の習俗に従って、臼を背負って家の周りを歩いた。やがて、一人生まれたものの、まだもう一人生まれるまで重い臼を下ろせなかったので、臼に向かって思わず、「こんちくしょう!」と叫んだという。

ところで皇位継承者となるのはワカタラシヒコの命(成務天皇)です。存命ならばヤマトタケルのミコトが継承するはずでした。

纏向の日代の宮というと纒向遺跡が有名です。

 ここに天皇、三野(みの)の國の造の祖、大根(おほね)の王が女、名は兄比賣(えひめ)弟比賣(おとひめ)二孃子(ふたをとめ)、それ容姿麗美(かおよ)しときこしめし定めて、その御子大碓(おほうす)の命を遣して、喚(め)し上げたまひき。かれその遣さえたる大碓の命、召し上げずて、すなはちおのれみづからその二孃子に婚ひて、更に他(あだ)し女(をみな)を求(ま)ぎて、その孃子と詐り名づけて貢上(たてまつ)りき。ここに天皇それ他(あだ)し女(をみな)なることを知らしめして、恆に長眼を經しめ、また婚(あ)ひもせずて、惚(たしな)めたまひき。かれその大碓(おほうす)の命、兄比賣(えひめ)に娶ひて生みませる子、押黒(おしくろ)の兄日子(えひこ)の王。こは三野の宇泥須和氣(うねすわけ)が祖なり。また弟比賣(おとひめ)に娶ひて生みませる子、押黒(おしくろ)の弟日子(おとひこ)の王。こは牟宜都(むげつ)の君等が祖なり。この御世に田部(たべ)を定め、また東(あづま)の淡(あは)の水門(みなと)を定め、また膳(かしはで)の大伴部(おほともべ)を定め、また倭(やまと)の屯家(みやけ)を定めたまひ、また坂手(さかて)の池を作りて、すなはちその堤に竹を植ゑしめたまひき。

景行天皇は三野國の造の祖でオホネの王の娘、エヒメ、オトヒメの二人がたいそう美しいと聞いて、大碓の命を遣わして召し上げようとした。ところが大碓の命は二人の美しさに魅かれ父の命令も忘れ、自らのものとしてしまった。そして代わりの女を探して父に奉った。しかし天皇は偽りを見抜き、その女には手も触れなかった。

ちなみに大碓の命とエヒメとの間にできたのがオシクロのエヒコの王。これは三野のウネスワケの祖である。またオトヒメとの間にできたのがオシクロのオトヒコの王。これはムゲツの君の祖である。

景行天皇の御世に田部(公田を耕す民)を定め、東国の水路を定め、膳(食膳を扱う人、料理人)の大伴部を定め、倭の屯家(参考1の注、みやけは租税収納所)を定め、倭の坂手の池を作り、堤に竹を植えて堤を固めた(治水用の池でしょうか)。

(コメント) 景行天皇は東国に水路を作り、東国にも支配権を広げていく様がわかります。それはヤマトタケルの東征による部分が大きいのかもしれません。

崩御の歳などは後に出てきますが、ヤマトタケルの話の後では分かりにくいと思うのでここで述べてしまいますが、137歳で崩御されて、御陵は山邊道上陵(奈良県桜井市)にあるということです。

ただし崩御された地は滋賀県大津市の志賀高穴穂宮ということで、最晩年はこの地に滞在されていたようです。(景行天皇 - Wikipediaによると3年ほどの滞在)