参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


ホオリの命(山幸彦、ヒコホホデミの命)の息子、ウガヤフキアエズの命がタマヨリヒメと結ばれて後の神武天皇、カムヤマトイハレビコの命が誕生します。

これをもって古事記上巻の完結となります。

 この天つ日高日子波限建鵜葺草葺合へず(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズ)の命、その姨(みをば)玉依毘賣(タマヨリヒメ)の命に娶ひて、生みませる御子の名は、五瀬(いつせ)の命、次に稻氷(いなひ)の命、次に御毛沼(みけぬ)の命、次に若御毛沼(わかみけぬ)の命、またの名は豐御毛沼(とよみけぬ)の命、またの名は神倭伊波禮毘古(かむやまといはれびこ)の命四柱。かれ御毛沼の命は、波の穗を跳(ふ)みて、常世の國に渡りまし、稻氷の命は、妣(はは)の國として、海原に入りましき。

ウガヤフキアエズの命が叔母のタマヨリヒメと契りを結んで産まれた御子は、イツセの命、イナヒの命、ミケヌの命、最後にワカミケヌの命(別名はトヨミケヌの命、後にカムヤマトヒハレビコの命となる)の四柱。

ミケヌの命は海を越えて外国に渡り、イナヒの命は母の国である海に入った。

(メモ) 参考1の注にカムヤマトヒハレビコというのは大和の國の磐余の地においでになつた御方の意とある。