色々とテストする記事です。意味はありません。

シンタックスハイライトと数式は外部の javascript に依存しています。

画像を貼るテスト

test-image

シンタックスハイライトのテスト

シンタックスハイライト用のライブラリは何種類かあるようですが対応言語の多い hilight.js を使用。

以下よく使いそうなもの:

C
#include <stdio.h>

int main(int argc, char** argv)
{
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

Lisp
(defun string< (s1 s2)
  (cl-loop for c1 across s1
           for c2 across s2
           if (< c1 c2) return t
           if (> c1 c2) return nil
           finally (return (< (length s1) (length s2)))))
Clojure
(defn permutation [coll]
  (let [coll (into [] coll)
        n (count coll)
        idx (vec (for [j (range n)] (symbol (str "i" j))))
        lst (take n (iterate identity coll))
        args (vec (interleave idx lst))]
    (eval `(for ~(conj args :when `(= (count (set ~idx)) ~n)) ~idx))))
Scheme
(define (fib n)
  (fib-iter 1 0 n))

(define (fib-iter a b count)
  (if (= count 0)
      b
      (fib-iter (+ a b) a (- count 1))))
Maxima
compose_sub(fn,var):=fn(var);
compose(fn,n,var):=rreduce(compose_sub, makelist(fn,n), var);

g(x):=x^2;
compose(g,3,x); 
=> x^8
Bash
cat feed.xml |
    grep -E '<title>|<link>' |
    sed -n '3,4p'

数式のテスト

数式は MathJax を使用。以下の2文につながりはありません。適当に教科書から拾ったものです。

写像

\[ G \times \widehat{G} \ni (x, \chi) \mapsto \langle x, \chi \rangle := \chi(x) \in \mathbb{C}^{\times} \]

をカプリングという。

直積空間 \(S^{1} \times S^{1}\) 上の \(C^{\infty}\) 関数 \(K(\theta, \varphi)\) が与えられたとき、\(C^{\infty}(S^{1})\) 上の線型写像を

\[ C^{\infty}(S^1) \ni f(\theta) \mapsto \frac{1}{2\pi} \int_{0}^{2\pi} K(\theta,\varphi)f(\varphi)d\varphi \in C^{\infty}(S^1) \]

で定義する。