参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: ねずさんと語る古事記・弐 (青林堂ビジュアル)

断りのない引用は参考1からのものです。


今回は須佐之男から大国主に至る系図の解説。

 その櫛名田比賣(くしなだひめ)を隱處(くみど)に起して、生みませる神の名は、八島士奴美(やしまじぬみ)の神。また大山津見の神の女(むすめ)名は神大市(かむおほち)比賣に娶(あ)ひて生みませる子、大年(おほとし)の神、次に宇迦(うか)の御魂(みたま)二柱。兄(みあに)八島士奴美の神、大山津見の神の女、名は木の花(はな)知流(ちる)比賣に娶(あ)ひて生みませる子、布波能母遲久奴須奴(ふはのもぢくぬすぬ)の神。この神淤迦美(おかみ)の神の女、名は日河(ひかは)比賣に娶ひて生みませる子、深淵(ふかふち)の水夜禮花(みづやれはな)の神。この神天の都度閇知泥(つどへちね)の神に娶ひて生みませる子、淤美豆奴(おみづぬ)の神。この神布怒豆怒(ふのづの)の神の女、名は布帝耳(ふてみみ)の神に娶ひて生みませる子、天の冬衣(ふゆぎぬ)の神、この神刺國大(さしくにおほ)の神の女、名は刺國若比賣に娶ひて生みませる子、大國主の神。またの名は大穴牟遲(おほあなむぢ)の神といひ、またの名は葦原色許男(あしはらしこを)の神といひ、またの名は八千矛(やちほこ)の神といひ、またの名は宇都志國玉(うつしくにたま)の神といひ、并はせて五つの名あり。

「櫛名田比賣(くしなだひめ)を隱處(くみど)に起して」とあるが伊耶那岐の命と伊耶那美の命 - 島々の生成のところにも「隱處に興して」とある。そこでは「産屋をつくって」という訳を採った。それをそのまま採用しても良いだろうし、ここでは「結婚して」でも良いかも知れない。

それで須佐之男の命と櫛名田比賣との間に生まれたのが八島士奴美(やしまじぬみ)の神。さらに二人目の奥さんとして大山津見の神の娘の神大市(かむおほち)比賣を娶って二人の子を授かる。それが大年(おほとし)の神、次に宇迦(うか)の御魂(みたま)二柱。

大山津見の神は伊耶那岐の命と伊耶那美の命 - 神々の生成に登場した山の神様。

以下は図で示す。

大国主は神話上の主役の一人で国津神の代表格である。

大国主の5つの名前で葦原色許男(あしはらのしこお)とあるが天下の色男のような意味だろうか子供が180人いたそうである。