参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: ねずさんと語る古事記・弐 (青林堂ビジュアル)

断りのない引用は参考1からのものです。


タイトルの𧏛貝(きさがい)は赤貝のこと、蛤貝(うむがい)は字の通りハマグリのこと。

今回は八上比賣に袖にされた八十神が嫉妬のあまり大国主を殺してしまう話。

 かれここに八十神忿(いか)りて、大穴牟遲の神を殺さむとあひ議はかりて、伯伎(ははき)の國の手間(てま)の山本に至りて云はく、「この山に赤猪(あかゐ)あり、かれ我どち追ひ下しなば、汝待ち取れ。もし待ち取らずは、かならず汝を殺さむ」といひて、火もちて猪に似たる大石を燒きて、轉(まろば)し落しき。ここに追ひ下し取る時に、すなはちその石に燒き著(つ)かえて死(う)せたまひき。ここにその御祖(みおや)の命哭き患へて、天にまゐ上りて、神産巣日(かむむすび)の命に請(まを)したまふ時に、𧏛貝(きさがひ)比賣と蛤貝(うむがひ)比賣とを遣りて、作り活かさしめたまひき。ここに𧏛貝比賣きさげ集めて、蛤貝比賣待ち承(う)けて、母(おも)の乳汁(ちしる)と塗りしかば、麗(うるは)しき壯夫(をとこ)になりて出であるきき。

怒った八十神はオオナムチの神を殺そうと謀って伯伎の國の手間の山(鳥取県南部町、手間要害山)のふもとでオオナムチに「この山に赤い猪がいる。我々が追いたてるからお前はここで待ちうけて捕まえろ。もし捕まえなければ殺してしまうぞ」と言った。そして猪の形に似た大石を焼いて転がし落とした。それを捕まえようとしたオオナムチは焼き殺されてしまった。嘆き悲しんだオオナムチの(母)親は天に上って神産巣日の命に助けを求めたところ、𧏛貝(きさがひ)比賣と蛤貝(うむがひ)比賣を遣わして蘇生させることになった。𧏛貝(きさがひ)比賣はきさげを集め、蛤貝(うむがひ)比賣がこれを受けとって母の乳汁をオオナムチに塗ってやると、立派な青年になって出歩けるようになった。

「𧏛貝(きさがひ)比賣はきさげを集め、蛤貝(うむがひ)比賣がこれを受けとって母の乳汁を塗る」とあるが

参考3によると「きさげというのは削りとる、こそぐ、という意味で、母の乳汁というのはハマグリの汁のことである。つまり、赤貝の貝殻を削って粉末状にし、これにハマグリの汁を混ぜてペースト状にし、火傷に塗った」とある。

何にしても大国主は優しい色男で嫉妬の対象となり酷い目にあったということで現実にもありがちな話である。