参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


 ここに天つ日高日子番の邇邇藝(ににぎ)の命、笠紗(かささ)の御前(みさき)に、麗(かほよ)き美人(をとめ)に遇ひたまひき。ここに、「誰が女(むすめ)ぞ」と問ひたまへば、答へ白さく、「大山津見(おおやまつみ)の神の女、名は神阿多都比賣(かむあたつひめ)。またの名は木の花の佐久夜毘賣(このはなのさくやひめ)とまをす」とまをしたまひき。また「汝が兄弟(はらから)ありや」と問ひたまへば答へ白さく、「我が姉石長比賣(いわながひめ)あり」とまをしたまひき。ここに詔りたまはく、「吾、汝に目合(まぐはひ)せむと思ふはいかに」とのりたまへば答へ白さく、「僕(あ)はえ白さじ。僕が父大山津見の神ぞ白さむ」とまをしたまひき。かれその父大山津見の神に乞ひに遣はしし時に、いたく歡喜(よろこ)びて、その姉石長比賣(いはながひめ)を副へて、百取(ももとり)の机代(つくえしろ)の物を持たしめて奉り出しき。かれここにその姉は、いと醜(みにく)きに因りて、見畏(かしこ)みて、返し送りたまひて、ただその弟(おと)木の花の佐久夜賣毘を留めて、一宿婚(ひとよみとあたは)しつ。ここに大山津見の神、石長比賣(いはながひめ)を返したまへるに因りて、いたく恥ぢて、白し送りて言(まを)さく、「我(あ)が女(むすめ)二人竝べたてまつれる由(ゆえ)は、石長比賣を使はしては、天つ神の御子の命(みいのち)は、雪零(ふ)り風吹くとも、恆に石(いは)の如く、常磐(ときは)に堅磐(かきは)に動きなくましまさむ。また木の花の佐久夜毘賣を使はしては、木の花の榮ゆるがごと榮えまさむと、誓(うけ)ひて貢進(たてまつ)りき。ここに今石長比賣を返さしめて、木の花の佐久夜毘賣をひとり留めたまひつれば、天つ神の御子の御壽(みいのち)は、木の花のあまひのみましまさむとす」とまをしき。かれここを以ちて今に至るまで、天皇(すめらみこと)たちの御命長くまさざるなり。

ニニギの命は笠紗の御前で美しい乙女に出会った。「誰の娘か?」と問うと、「オオヤマヅミの神の娘で、名はカムアタツヒメ。またの名はコノハナサクヤヒメと申します」と答えた。また「兄弟はいるのか?」と問うと、「姉がおり、イワナガヒメと申します」と答えた。「自分はそなたと契りをむすびたいと思うがどうか?」と問うと、「私からは申し上げられません。父のオオヤマヅミの神がお答え申しあげるでしょう」と答えた。そこでオオヤマヅミの神のところに使者を遣わして申しこむと、大変喜んで、コノハナサクヤヒメに、姉のイワナガヒメを副えて、たくさんの献上物を台にうず高く積んで奉った。しかし姉のイワナガヒメは眉目が良くなかったので、ニニギの命はこの姉をオオヤマヅミの神のもとに送り返してしまった。そしてコノハナサクヤヒメと一夜を共にした。

さてオオヤマヅミの神はイワナガヒメが送り返されたのをいたく恥じて、使いをやって「娘二人を並べて奉ったのは、天の御子の命が雪降り風吹けども常に巌のように永遠たれと祈念してイワナガヒメを使わし、木の花の咲きほこるように栄えますようにと祈念してコノハナサクヤヒメを使わしたのです。ここにイワナガヒメをお返しなされたからには天の御子のお命は木の花のようにはかないものになってしまうでしょう」と申し上げた。これ以来、天皇(スメラミコト)の寿命は短くなってしまった。

 かれ後に木の花の佐久夜毘賣、まゐ出て白さく、「妾(あ)は妊(はら)みて、今産(こう)む時になりぬ。こは天つ神の御子、私(ひそか)に産みまつるべきにあらず。かれ請(まを)す」とまをしたまひき。ここに詔りたまはく、「佐久夜毘賣、一宿(ひとよ)にや妊(はら)める。こは我が子にあらじ。かならず國つ神の子にあらむ」とのりたまひき。ここに答へ白さく、「吾(あ)が妊(はら)める子、もし國つ神の子ならば、産(こう)む時幸(さき)くあらじ。もし天つ神の御子にまさば、幸(さき)くあらむ」とまをして、すなはち戸無し八尋殿(やひろどの)を作りて、その殿内(とのぬち)に入りて、土(はに)もちて塗り塞(ふさ)ぎて、産む時にあたりて、その殿に火を著(つ)けて産みたまひき。かれその火の盛りに燃ゆる時に、生れませる子の名は、火照(ほでり)の命(こは隼人阿多の君の祖なり。)次に生れませる子の名は火須勢理(ほすせり)の命、次に生れませる子の御名は火遠理(ほをり)の命、またの名は天つ日高日子穗穗出見(あまつひこひこほほでみ)の命三柱。

しばらくしてコノハナサクヤヒメはニニギの命の前にやってきて「私は身ごもりまして、いよいよ産むときになりました。これは天津神の御子ですから勝手に産むわけにはいきませんのでお知らせ申し上げます。」と言った。ニニギの命は「サクヤヒメよ、一夜で妊んだというが、これはわしの子ではなかろう。きっと国津神の子にちがいない。」と言った。サクヤヒメは「もしこの子が国津神の子であれば産むときに無事では済みますまい。もし天津神の御子であれば安産にきまっています。」と答えた。そして産屋として戸のない大きな館をつくりその中に入り、土で入口を塞ぎ、女の操の証明として館に火をかけて出産した。さてその火が燃えさかっているときに生まれたのがホデリの命(隼人阿多の君の祖)である。つぎに生まれたのがホスセリの命、最後に生まれたのがホヲリの命、またの名をアマツヒコヒコホホデミの命という。

(メモ) 隼人というのは現在の鹿児島、宮崎あたりの住人。阿多の隼人というのがいわゆる薩摩隼人のことを指すという。他にも大隅隼人、多褹(たね)隼人、甑(こしき)隼人、日向隼人などがある。隼人 - Wikipedia