参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


「天孫降臨」です。

  • 正勝吾勝勝速日天の忍穗耳の命(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)は省略してアメノオシホミミの命とします。
  • 天邇岐志國邇岐志天つ日高日子番の邇邇藝の命(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと)は省略してニニギの命とします。

 ここに天照らす大御神高木の神の命もちて、太子(ひつぎのみこ)正勝吾勝勝速日天の忍穗耳の命(アメノオシホミミの命)に詔りたまはく、「今葦原の中つ國を平(ことむ)け訖(を)へぬと白す。かれ言よさし賜へるまにまに、降りまして知らしめせ」とのりたまひき。ここにその太子正勝吾勝勝速日天の忍穗耳の命(アメノオシホミミの命)答へ白さく、「僕(あ)は、降りなむ裝束(よそひ)せし間に、子生(あ)れましつ。名は天邇岐志國邇岐志天つ日高日子番の邇邇藝の命(ニニギの命)、この子を降すべし」とまをしたまひき。この御子は、高木の神の女萬幡豐秋津師比賣(よろずはたとよあきつしひめ)の命に娶ひて生みませる子、天の火明(あめのほあかり)の命、次に日子番の邇邇藝の命(ニニギの命)二柱にます。ここを以ちて白したまふまにまに、日子番の邇邇藝の命に詔科(みことおほ)せて、「この豐葦原の水穗の國は、汝(いまし)の知(し)らさむ國なりとことよさしたまふ。かれ命のまにまに天降(あも)りますべし」とのりたまひき。

天照大御神と高木の神が(アマテラスの)長男のアメノオシホミミの命に「葦原の中つ国は今や平定されたという。かねてから申しつけているように地に降りて治めなさい」と言う。するとアメノオシホミミの命は「私が降りる支度をしている間に子が生まれました。名はニニギの命といいます。この子を遣わしましょう。」と答えた。この御子は高木の神の娘、ヨロズハタトヨアキツシ姫との間にできた子で、最初の子がアメノホアカリの命、次がニニギの命である。そういうことならと、天照大御神はニニギの命に「この豐葦原の水穗の國はそなたの治める国である。地に降りて治めなさい」と命じた。

(メモ)

天邇岐志國邇岐志天つ日高日子番の邇邇藝の命 - アメニギシ(天栄え)、クニニギシ(国栄え)、アマツヒコ(日は天高く)、ヒコ(天の御子)、ホノニニギ(稲穂は豊穣)の命、とてもにぎやかな御尊名と解釈してみたい。参考:ニニギ - Wikipedia。アマテラスの孫。

 ここに日子番の邇邇藝の命(ニニギの命)、天降(あも)りまさむとする時に、天の八衢(あめのやちまた)に居て、上は高天原を光(て)らし下は葦原の中つ國を光らす神ここにあり。かれここに天照らす大御神高木の神の命もちて、天の宇受賣(あめのうずめ)の神に詔りたまはく、「汝(いまし)は手弱女人(たわやめ)なれども、い向(むか)ふ神と面勝(おもか)つ神なり。かれもはら汝往きて問はまくは、吾(あ)が御子の天降(あも)りまさむとする道に、誰そかくて居ると問へ」とのりたまひき。かれ問ひたまふ時に、答へ白さく、「僕は國つ神、名は猿田毘古(さるだひこ)の神なり。出で居る所以(ゆえ)は、天つ神の御子天降りますと聞きしかば、御前(みさき)に仕へまつらむとして、まゐ向ひ侍(さもら)ふ」とまをしき。

ニニギの命が地に降りようとするとき、天の八衢(天と地の交差点のようなものだろうか)に天と地を照らす神がいた。天照大御神、高木の神はアメノウズメの命に「そなたは女であるけれども物怖じしない神である。天の御子が下らせ給う道を塞ぐのは誰ぞと問え」と命じた。そしてアメノウズメが問うと「私は国津神の猿田毘古(さるたひこ)の神であります。ここに居りましたのは、天の御子が下らせ給うとのことなので、先導の役を務めたくお待ちしておりました」という。

(メモ)

猿田毘古の神 - 椿大神社(つばきおおかみやしろ)猿田彦神社などが有名。導き、旅の神。天狗のような風貌で描写される。

 ここに天の兒屋(あめのこやね)の命、布刀玉(ふとだま)の命、天の宇受賣(あめのうずめ)の命、伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命、玉の祖(たまのおや)の命、并せて五伴(いつども)の緒(を)を支(あか)ち加へて、天降(あも)らしめたまひき。

こうしてアメノコヤネの命、フトダマの命、アメノウズメの命、イシコリドメの命、タマノオヤの命、という五部族の祖神を副えて降らせた。

 ここにその招(を)ぎし八尺の勾璁(やさかのまがたま)、鏡、また草薙(くさなぎ)の劒、また常世(とこよ)の思金(おもひかね)の神、手力男(たぢからを)の神、天の石門別(あめのいわとわけ)の神を副へ賜ひて詔(の)りたまはくは、「これの鏡は、もはら我(あ)が御魂として、吾が御前を拜(いつ)くがごと、齋(いつ)きまつれ。次に思金の神は、前(みまへ)の事を取り持ちて、政(まつりごと)まをしたまへ」とのりたまひき。

岩戸開きにおいて天照大御神をお迎えした八尺の勾璁(やさかのまがたま)と八咫鏡(やたのかがみ)、(スサノヲがアマテラスに献上した)草薙の剣をさずけ、オモヒカネの神、タヂカラヲの神、アメノイワトワケの神を副えて天照大御神は「この鏡は我が御魂として、わたしの前を祭るようにこれを祭る。オモヒカネの神はニニギの命を補佐して政(祭)を行いなさい」と言った。

(メモ)

岩戸開きで登場した神々が天孫降臨に付き添うことになった。草薙の剣はスサノヲがアマテラスに献上した神剣。八俣の大蛇

 この二柱の神は、拆く釧(くしろ)五十鈴(いすず)の宮に拜(いつ)き祭る。次に登由宇氣(とゆうけ)の神、こは外(と)つ宮の度相(わたらひ)にます神なり。次に天の石戸別(あめのいわとわけ)の神、またの名は櫛石窻(くしいはまど)の神といひ、またの名は豐石窻(とよいはまど)の神といふ。この神は御門(みかど)の神なり。次に手力男の神は、佐那(さな)の縣(あがた)にませり。

八咫鏡(やたのかがみ)とオモヒカネの神は伊勢の内宮(五十鈴の宮)に祭られている。トヨウケの神は伊勢の外宮(度相宮、ワタライの宮)に祭られている。アメノイワトワケの神(櫛石窻(くしいはまど)の神、豐石窻(とよいはまど)の神)は御門の神であり、タヂカラヲの神は佐那(さな)の縣(あがた)に祭られている。

(メモ)

  • 伊勢神宮 - 内宮には天照大御神が祀られている。日本の神社の中では別格の神社(山でいえば富士山)。現在は三重県にあるが古くは丹波(元伊勢)にあったという。

  • トヨウケの神 - トヨウケビメ - Wikipediaを参照。伊勢神道(度会神道)では原初の神(天之御中主大神、国常立大神と同一神)とされるとある。

  • アメノイワトワケの神 - 古来より天皇の宮殿の四方の門に祀られていた神とされる。天石門別神 - Wikipedia

  • アメノタヂカラオの神 - 三重の佐那神社に祀られている。自分は長野の戸隠神社しか知らなかった。

 かれその天の兒屋の命は、中臣の連(むらじ)等(ら)が祖(おや)。布刀玉の命は、忌部(いみべ)の首(おびと)等が祖。天の宇受賣の命は猿女(さるめ)の君等が祖。伊斯許理度賣の命は、鏡作(かがみつくり)の連等が祖。玉の祖の命は、玉の祖の連等が祖なり。

アメノコヤネの命は中臣氏の祖神、フトダマの命は忌部氏の祖神、アメノウズメの命は猿女君の祖神、イシコリドメの命は鏡作の祖神、タマノオヤの命は玉の祖の祖神である。

(メモ)

連(むらじ)、首(おびと)などはカバネといい、大王(おおきみ)から与えられる姓あるいは爵位のようなもの。カバネ - Wikipedia

 かれここに天の日子番の邇邇藝の命(ニニギの命)、天の石位(あめのいはくら)を離れ、天の八重多那雲(やへたなぐも)を押し分けて、稜威(いつ)の道(ち)別(わ)き道別きて、天の浮橋に、浮きじまり、そりたたして、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗の靈(く)じふる峰(たけ)に天降りましき。

ニニギの命は高天原の座所を離れ、八重にたなびく雲を押しわけ、神聖なる道を開いて進み、天の浮橋の浮洲に立ち見渡せば、筑紫の日向に霊峰あり。すなわち高千穂の峰に降り立った。

(メモ)

浮きじまり - 参考1の注に「天の階段から下に浮渚があつてそれにお立ちになつたと解されている。古語を語り傳えたもの。」とある。

 かれここに天の忍日(おしひ)の命天つ久米(くめ)の命二人(ふたり)、天の石靫(いはゆき)を取り負ひ、頭椎(くぶつち)の大刀を取り佩き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天の眞鹿兒矢(まかごや)を手挾(たばさ)み、御前(みさき)に立ちて仕へまつりき。かれその天の忍日の命、こは大伴(おおとも)の連(むらじ)等(ら)が祖(おや)。天つ久米(あまつくめ)の命、こは久米の直(あたえ)等(ら)が祖なり。

ここにアメノオシヒの命とアマツクメの命は石の靫(矢を入れる筒)を背負い、柄頭がコブになった太刀を佩き、天の弓矢をもってニニギの命の露払いを仕った。このアメノオシヒの命は大伴氏の祖神、アマツクメの命は久米氏の祖神である。

 ここに詔りたまはく、「此地(ここ)は韓國(からくに)に向ひ笠紗(かささ)の御前(みさき)にま來通りて、朝日の直刺(たださ)す國、夕日の日照(ひで)る國なり。かれ此地(ここ)ぞいと吉(よ)き地(ところ)」と詔りたまひて、底つ石根に宮柱太しり、高天の原に氷椽(ひぎ)高しりてましましき。

ニニギの命は「ここは外国を望み、笠沙の岬はすぐそこにあり、朝日が正面から昇り、夕日が照る国。これぞ吉き地である。」といい、柱は地中深くどっしりと立て、屋根は天高く、立派な宮殿を建ててお住まいになった。

(メモ)

  • 高千穂神社 - ニニギの命を祀る。筑紫の日向(現在の宮崎県)にある。

  • 笠沙の岬 - 場所は不明。諸説あるようです。