特に分野にこだわらず書きたいこともあるので種々雑談というカテゴリーを作ってみました。

lambda-domain に引越してから文体を「ですます」調で統一してきたのですが、どうも窮屈で「である」と言い切るほうが書きやすいとか口語で書きたいと思うこともあったので文体にはこだわらないことにしました。お知らせや挨拶のようなものは「ですます」調になるでしょうが、内容、気分次第で変えていくことにします。

前記事で少し書いておきましたがブログのデザインを自作しました。旧デザインはこんな感じでした:

旧デザイン

ほとんど同じですが枠の線を消したので広く感じます。このくらいシンプルなものなら自作してしまっても大した手間でもなく自分でやっておけば後々いじるときにも楽だろうということです。この2カラムのレイアウトというのは良くありがちですが小さい画面ではサイドバーが記事の下にまわりこむようになっていてレスポンシブデザインでは一番単純なもののようです。それでよく使われているのだと思います。

シェアボタンを付けようかどうかというのも悩んだ末に「いらないんじゃないか?」ということになりました。稀にシェアしてもらったりすると励みにもなるんですが、最近はウェブサービスも多種多様で流行り廃りも激しいので何を選択するかというのも難しい。それに公式のシェアボタンだとデザインが統一しておらず並べておくとどうもゴテゴテしてしまう。自作するとなればまた面倒である。そんなわけで当ブログにはシェアボタンはありません。ただシェアボタンを生成してくれるWEBサービスもあるので、どうしても使いたくなればそういうのを使うかもしれません。

さらにいえば、次の記事、前の記事へのボタンリンクのようなものもありません。記事一覧があれば間に合うだろうと判断しました。とにかくシンプルを旨とする。シンプルが行き過ぎて不便、殺風景にならないようにというのが理想ですが現実は難しい。

ところで wordpress(+ staticpress)を捨てて静的サイト上のブログを自作するとなると一番困るのはブログの再構築です。たとえばサイドバーのメニューを変更したらすべての記事に適用しなければならない。 wordpress のような cms を使えばこの辺は何も考えることはないので楽です。

自分はどうしたかというと、記事自体はマークダウンで書き、それをシェルコマンド(multimarkdown)でHTMLに変換してテンプレートの記事の部分に貼り付ける。同時に記事一覧、カテゴリーのリストも生成する。あとは AWS CLI の sync コマンドでアップロードするという流れです。これをスクリプトで処理します。ただし記事のデータベースはあったほうがやりやすいはずで自分は CSV で以下のようなものを作っています(カテゴリーは複数あってもいいとする)。

トップページを作成しました,done-top-page,2017-09-16,uncategorized
木本のホームページを移転しました,transfer-kimoto-hp,2017-08-30,uncategorized
ブログを若干修正,web-2017-08-08,2017-08-08,web
Clojure を学ぶ,learning-clojure,2017-08-01,programming/clojure
Google にサイトマップを登録した件,register-sitemap,2017-07-25,web
dired で rsync する,dired-rsync,2017-07-08,emacs
メールフォームを設置しました,google-mail-form,2017-06-30,web
オフスクリーンレンダリングして画像書き出し,offscreen-rendering,2017-06-22,programming/opengl
各種テスト,test-2017-06-17,2017-06-17,web
ブログ移転で苦労した点,web-2017-06-15,2017-06-15,web
ご挨拶,greetings,2017-06-07,uncategorized

静的サイトでブログをやるという物好きな人も少ないでしょうが、基本的にはテキスト処理だけなので自作してしまうのもありかなという話でした。