参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


ようやく「国譲り」まできました。古事記のなかで「岩戸開き」、「天孫降臨」などと並んで重要な場面と思われます。

 ここに天照らす大御神の詔りたまはく、「またいづれの神を遣はして吉(え)けむ」とのりたまひき。ここに思金の神また諸の神たち白さく、「天の安の河の河上の天の石屋(いわや)にます、名は伊都(いづ)の尾羽張(おはばり)の神、これ遣はすべし。もしまたこの神ならずは、その神の子建御雷(たけみかづち)の男(を)の神、これ遣はすべし。またその天の尾羽張の神は、天の安の河の水を逆(さかさま)に塞(せ)きあげて、道を塞き居れば、他(あだ)し神はえ行かじ。かれ別に天の迦久(かく)の神を遣はして問ふべし」とまをしき。

天照大御神は「今度はどの神を遣わせばいいだろうか」と仰いました。するとオモヒカネの神や諸々の神々は「天安河の上流の天の石屋にいる伊都の尾羽張の神がいいでしょう。この神でなければ、その子の建御雷(タケミカヅチ)の神がいいでしょう。ところで天の尾羽張(アメノオハバリ)の神は、天安河の水を逆さまにせきあげて道をふさいでいるので、天の迦久の神でなければ使いは無理でしょう。」と申し上げた。

(メモ)

  • 天の尾羽張の神は、かつてイザナギが振った剣のことで既出。伊耶那岐の命と伊耶那美の命 - 黄泉の国を参照。イザナミの死の原因となった迦具土の神を切ったときに生まれたのが建御雷の神。アマテラスよりも先に登場する神々。

  • 「水を逆さまにせきあげて道をふさいでいる」というのは、水を堰き止めて橋を架けていないということだろうか。

 かれここに天の迦久の神を使はして、天の尾羽張の神に問ひたまふ時に答へ白さく、「恐(かしこ)し、仕へまつらむ。然れどもこの道には、僕(あ)が子建御雷の神を遣はすべし」とまをして、貢進(たてまつ)りき。

そして天の迦久の神をやって問わせたところ「畏れ多いことです、お受けしましょう。しかし、この件には我が子の建御雷の神を遣わしましょう」ということになった。

 ここに天の鳥船の神を建御雷の神に副へて遣はす。ここを以ちてこの二神(ふたはしらのかみ)、出雲の國の伊耶佐(いざさ)の小濱(をはま)に降り到りて、十掬(とつか)の劒を拔きて浪の穗に逆に刺し立てて、その劒の前(さき)に趺(あぐ)み坐(い)て、その大國主の神に問ひたまひしく、「天照らす大御神高木の神の命もちて問の使せり。汝(な)が領(うしは)ける葦原の中つ國に、我(あ)が御子の知らさむ國と言よさしたまへり。かれ汝が心いかに」と問ひたまひき。ここに答へ白さく、「僕(あ)はえ白さじ。我が子八重言代主(やへことしろぬし)の神これ白すべし。然れども鳥の遊漁(あそびすなどり)して、御大(みほ)の前(さき)に往きて、いまだ還り來ず」とまをしき。かれここに天の鳥船の神を遣はして、八重事代主の神を徴(め)し來て、問ひたまふ時に、その父の大神に語りて、「恐(かしこ)し。この國は天つ神の御子に獻(たてまつ)りたまへ」といひて、その船を蹈み傾けて、天の逆手を青柴垣(あをふしがき)にうち成して、隱りたまひき。

建御雷の神(と天の鳥船の神)は、出雲の伊耶佐の浜に降りたち、剣を抜いて白波にその柄を立てて剣先に胡座をかいて大国主の神に問うた。「天照大御神、高木の神の命により問う。お前の支配する(うしはく)葦原の中つ國は、天照大御神の子が治める(しらしむ)ことになっているものである。お前の意見はどうか?」大国主は答えて「私は答えることができません。我が子の言代主(コトシロヌシ)の神がお答えするでしょう。しかしコトシロヌシは漁に出ていて不在です。」という。そこで天の鳥船の神を迎えにやって、コトシロヌシを連れ帰り、問うと、大国主に向い「畏れ多いことです。この国は天津神の御子に献上なさいませ。」と言い、乗ってきた船を傾け、青い柴垣をつくり逆手を打ってその中にお隠れになった。

(メモ)

  • 天の鳥船 - 飛行船のようなものと想像する

  • 「天の逆手を青柴垣(あをふしがき)にうち成して、隱りたまひき」 - 参考1の注には逆手を打つとは「手を下方に向けて打つことで呪術を行う時にする」とある。青柴垣神事は現在にも続く神事。参考:青柴垣神事(美保神社)

 かれここにその大國主の神に問ひたまはく、「今汝が子事代主の神かく白しぬ。また白すべき子ありや」ととひたまひき。ここにまた白さく、「また我が子建御名方(たけみなかた)の神あり。これを除(お)きては無し」と、かく白したまふほどに、その建御名方の神、千引の石を手末(たなすえ)に擎(ささ)げて來て、「誰(た)そ我が國に來て、忍び忍びかく物言ふ。然らば力競べせむ。かれ我(あれ)まづその御手を取らむ」といひき。かれその御手を取らしむれば、すなはち立氷(たちび)に取り成し、また劒刃(つるぎは)に取り成しつ。かれここに懼(おそ)りて退(そ)き居り。ここにその建御名方の神の手を取らむと乞ひ歸(わた)して取れば、若葦を取るがごと、搤(つか)み批(ひし)ぎて、投げ離ちたまひしかば、すなはち逃げ去(い)にき。かれ追ひ往きて、科野(しなの)の國の洲羽(すは)の海に迫(せ)め到りて、殺さむとしたまふ時に、建御名方の神白さく、「恐(かしこ)し、我(あ)をな殺したまひそ。この地(ところ)を除(お)きては、他(あだ)し處(ところ)に行かじ。また我が父大國主の神の命に違はじ。八重事代主の神の言(みこと)に違はじ。この葦原の中つ國は、天つ神の御子の命のまにまに獻らむ」とまをしき。

建御雷は大国主に「おぬしの子の言代主はこう申している。他に物申す子はあるか」と問うた。大国主は「我が子、建御名方(タケミナカタ)の神あり。この他にはなし」と答えたところ、そのタケミナカタは巨岩を軽々と手にのせてやってきて「何者ぞ。我が国へやってきて何をコソコソ言うか。堂々と力比べをせよ。まず俺がお前の手をとろう」と言った。そうして建御雷の手をとると氷のようであり、剣の刃のようになっていた。これに驚いてひるんだところ、逆に建御雷がタケミナカタの手をとると、それは葦の草を掴むようなもので、これを投げつけたところタケミナカタは逃げ去った。これを追って信濃の諏訪湖まで迫り、殺そうとしたところ、タケミナカタは「参った。殺さないでくれ。もはやこの地からどこにも行かぬ。自分の心は父、大国主の御言葉と相違なく、言代主の言葉とも相違ない。この葦原の中つ国は、天津神の御子の仰せのままに献上する」と言った。

(メモ)

建御名方神(タケミナカタの神)は諏訪大社の主祭神。パワースポットとして有名。

 かれ更にまた還り來て、その大國主の神に問ひたまひしく、「汝が子ども事代主の神、建御名方の神二神(ふたはしら)は、天つ神の御子の命のまにまに違はじと白しぬ。かれ汝(な)が心いかに」と問ひたまひき。ここに答へ白さく、「僕(あ)が子ども二神の白せるまにまに、僕(あ)も違はじ。この葦原の中つ國は、命のまにまに既に獻りぬ。ただ僕が住所(すみか)は、天つ神の御子の天つ日繼(ひつぎ)知らしめさむ、富足(とだ)る天の御巣(みす)の如、底つ石根に宮柱太しり、高天原に氷木(ひぎ)高しりて治めたまはば、僕(あ)は百(もも)足らず八十(やそ)坰手(くまで)に隱りて侍(さもら)はむ。また僕が子ども百八十神(ももやそがみ)は八重事代主の神を御尾前(おさき)として仕へまつらば、違ふ神はあらじ」と、かく白して出雲の國の多藝志(たぎし)の小濱(おばま)に、天の御舍(みあらか)を造りて、水戸(みなと)の神の孫櫛(ひこくし)八玉(やたま)の神膳夫(かしはで)となりて、天つ御饗(みはへ)獻る時に、祷(ほ)ぎ白して、櫛八玉(くしやたま)の神鵜に化(な)りて、海(わた)の底に入りて、底の埴(はこ)を咋(く)ひあがり出でて、天の八十(やそ)平瓮(びらか)を作りて、海布(め)の柄(から)を鎌(か)りて燧臼(ひきりうす)に作り、海蒪(こも)の柄を燧杵(ひきりぎね)に作りて、火を鑽(き)り出でてまをさく、「この我が燧(き)れる火は、高天原には、神産巣日(かむむすび)御祖(みおや)の命の富足(とだ)る天の新巣(にひす)の凝烟(すす)の八拳(やつか)垂るまで燒(た)き擧げ、地(つち)の下は、底つ石根に燒き凝(こら)して、𣑥繩(たくなは)の千尋繩うち延(は)へ、釣する海人(あま)が、口大の尾翼(をはた)鱸(すずき)さわさわに控(ひ)きよせ騰(あ)げて、拆(さき)竹のとををとををに、天の眞魚咋(まなぐひ)獻る」とまをしき。かれ建御雷の神返りまゐ上りて、葦原の中つ國を言向(ことむ)け平(やは)しし状をまをしき。

建御雷は出雲に帰ってきて、大国主に「おぬしの子の二神は天津神の御子の命の通りにしますと申した。おぬしの心はどうか」と問うた。大国主は「私の心も同じです。この葦原の中つ国は仰せのように献上しましょう。ただし私の住所は天の御子が用いるような立派なものにして下さい。そうすれば私は人知れず隠れておりましょう。また私の多くの子供たちはコトシロヌシに従っておりますから逆らうことはないでしょう」と言ってお隠れになった。そして出雲の国の浜に立派な宮を作り、ヒコクシヤタマの神が神饌を奉るときに、このヒコクシヤタマの神は鵜に化けて海の底にもぐり、海底の土をとってきて器をつくり、海藻で燧臼(ひきりうす)、燧杵(ひきりぎね)を作り火をおこして「私のおこした火は、天上にはカムムスビのみおや様の新巣(にひす)に煤が長々と垂れるまで焚きあげ、地下には(煤が)底の巌になるまで焚きあげる。漁師が釣りあげた立派な鱸(すずき)をこの火でもって料理し、祭壇がたわむほどのご馳走を奉ります」と祝詞を奏上した。こうして建御雷の神は高天原に戻って葦原の中つ国を平定したことを報告した。

(メモ)

  • 「燧臼(ひきりうす)、燧杵(ひきりぎね)」 - 燧臼・燧杵についての説明 - 熊野大社によると「この、燧臼・燧杵というものは、もとは古代の人々が火を熾す際に使った道具のことです。 最も原始的な古い形の発火器(現在のマッチやライターのような火をつける道具)であります。古くからのしきたりを大切にする神社の祭りや神事では、この道具を神聖な神火を鑚り出す方法として今もなお遺しているのであります。出雲地方では熊野大社の他に、出雲大社など多くの神社で現在も使われています。」とある。さらに火おこしの神事、燧臼と燧杵 - ホテルながたには、おもしろい神事について書かれています。

  • 「カムムスビのみおや様の新巣」 - 新巣の訳がわからなかったのでそのままにしてある。住居、台所など?

  • 「鱸(すずき)」は平家物語でも出てくるように古来から縁起ものだったようです。

  • 建御雷の神(タケミカヅチの神)は鹿島神宮の主祭神。葦原の中つ国を話し合いで平定した(言向けやわす)というが実際には武力を背景にしている。ちなみに日本書紀では、經津主神(フツヌシ、香取神宮の主祭神)の副将として平定したとされる。葦原中国平定 - Wikipedia

  • 今まで単に大国主などと書いていましたが「大国主の大神」というのが正しいでしょう。大国主の大神は出雲大社にまつられている。「国譲り」をするためには「国造り」が先にあったわけで、大国主の大神の数多い別名の一つ「所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)」にその功が集約されていると思います。御利益の多い神様で農業、漁業などの産業や医学、縁結びなどが有名。

  • スサノヲを祖とする出雲の系統というのが、現実の歴史とどう対応するのか興味は尽きません。神武天皇の即位が2600年前なのでそれ以前となると縄文時代(さらに前?)と考えたほうがよいでしょうから、はたして「政権」のようなものを考えるのが妥当なのかどうか。ただ世界の古代文明が5000年前とすれば、日本にも何かあったとしてもおかしくないでしょう。ただしこのブログは神話は神話として歴史的なことには深入りしないという立場です。私にはその力量もありません。