参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


今回から古事記中巻に入ります。

神倭伊波禮毘古(かむやまといはれびこ)の命、その同母兄(いろせ)五瀬の命と二柱、高千穗の宮にましまして議りたまはく、「いづれの地にまさば、天の下の政を平けく聞しめさむ。なほ東のかたに、行かむ」とのりたまひて、すなはち日向(ひむか)より發(た)たして、筑紫に幸(い)でましき。かれ豐國の宇沙(うさ)に到りましし時に、その土人(くにびと)名は宇沙都比古(うさつひこ)、宇沙都比賣(うさつひめ)二人、足一騰(あしひとつあがり)の宮を作りて、大御饗(おおみはへ)獻りき。其地(そこ)より遷りまして、竺紫(つくし)の岡田の宮に一年ましましき。またその國より上り幸でまして、阿岐(あき)の國の多祁理(たけり)の宮に七年ましましき。またその國より遷り上り幸でまして、吉備の高島の宮に八年ましましき。

カムヤマトイハレビコの命とその兄イツセの命は高千穂の宮にて議論した。「天下を治めるにはどの地が適しているだろうか。もっと東のほうに行こうぞ」と言って、日向(宮崎県)から筑紫(福岡県)に向った。その途中に豊国の宇佐(大分県)に至ったときに、その土地のウサツヒコ、ウサツヒメの二人が足ひとつあがりの宮(参考1の注に柱が一本浮き上った宮殿とある)を作り、もてなした。そこから筑紫の岡田の宮(参考1の注、福岡縣遠賀郡遠賀川の河口の地)に遷り一年を過した。またそこから阿岐の國の多祁理の宮(参考1の注、廣島縣安藝郡)で七年を過した。またそこから吉備の高島の宮(参考1の注、岡山縣兒島郡)に遷って八年を過した。