参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: ねずさんと語る古事記 壱 (青林堂ビジュアル)

断りのない引用は参考1からのものです。


 かれここに伊耶那岐の命の詔(の)りたまはく、「愛(うつく)しき我(あ)が汝妹(なにも)の命を、子の一木(ひとつけ)に易(か)へつるかも」とのりたまひて、御枕方(みまくらべ)に匍匐(はらば)ひ御足方(みあとべ)に匍匐ひて、哭(な)きたまふ時に、御涙に成りませる神は、香山(かぐやま)の畝尾(うねを)の木のもとにます、名は泣澤女(なきさはめ)の神。かれその神避りたまひし伊耶那美の神は、出雲の國と伯伎(ははき)の國との堺なる比婆(ひば)の山に葬(をさ)めまつりき。ここに伊耶那岐の命、御佩(みはかし)の十拳(とつか)の劒を拔きて、その子迦具土(かぐつち)の神の頸(くび)を斬りたまひき。ここにその御刀(みはかし)の前(さき)に著ける血、湯津石村(ゆついはむら)に走(たばし)りつきて成りませる神の名は、石拆(いはさく)の神。次に根拆(ねさく)の神。次に石筒(いはづつ)の男(を)の神。次に御刀の本に著ける血も、湯津石村に走りつきて成りませる神の名は、甕速日(みかはやび)の神。次に樋速日(ひはやび)の神。次に建御雷(たけみかづち)の男(を)の神。またの名は建布都(たけふつ)の神、またの名は豐布都(とよふつ)の神三神。次に御刀の手上(たがみ)に集まる血、手俣(たなまた)より漏(く)き出でて成りませる神の名は、闇淤加美(くらおかみ)の神。次に闇御津羽(くらみつは)の神。(上の件、石拆の神より下、闇御津羽の神より前、并はせて八神は、御刀に因りて生りませる神なり。)

伊邪那美の死を悲しんだ伊邪那岐の涙から泣澤女(なきさはめ)の神が生まれる。この神は天香久山(あまのかぐやま)の畝尾の木のもとにいるという。伊邪那美の神は島根と鳥取の境にある比婆山に葬られた(場所については諸説ある)。

ここでも神と命は使い分けられている。神と命(みこと)の違い

伊邪那岐の命は帯びていた十拳の剣で(伊邪那美の死因となった火の神)迦具土(かぐつち)の首を斬った。刀の先についた血が湯津石村(場所は不明、参考1の注に神聖な岩石とある)に飛び散ってできた神は、石拆(いはさく)の神。根拆(ねさく)の神。石筒(いはづつ)の男(を)の神。

十拳の剣というのは(拳が十個分くらいある)長い剣のこと。

刀の根本についてできた神は甕速日(みかはやび)の神。樋速日(ひはやび)の神。建御雷(たけみかづち)の男(を)の神(別名、建布都(たけふつ)の神、あるいは豐布都(とよふつ)の神)、あわせて三神。

建御雷の神は後に国譲りのところで登場する。

刀の持ち手のあたりに集った血が手の指の間から漏れ出てできた神は闇淤加美(くらおかみ)の神。闇御津羽(くらみつは)の神。

ここで生まれた剣の神は八柱。

 殺さえたまひし迦具土(かぐつち)の神の頭に成りませる神の名は、正鹿山津見(まさかやまつみ)の神。次に胸に成りませる神の名は、淤縢山津見(おとやまつみ)の神。次に腹に成りませる神の名は、奧山津見(おくやまつみ)の神。次に陰(ほと)に成りませる神の名は、闇山津見(くらやまつみ)の神。次に左の手に成りませる神の名は、志藝山津見(しぎやまつみ)の神。次に右の手に成りませる神の名は、羽山津美(はやまつみ)の神。次に左の足に成りませる神の名は、原山津見(はらやまつみ)の神。次に右の足に成りませる神の名は、戸山津見(とやまつみ)の神。(正鹿山津見の神より戸山津見の神まで并はせて八神。)かれ斬りたまへる刀の名は、天の尾羽張(をはばり)といひ、またの名は伊都(いつ)の尾羽張といふ。

殺された火の迦具土(かぐつち)の神の体の各部から神々が生まれる(八柱)。おそらく部位や左右や神名にも意味があるはずで昔から議論されているようである。参考3など参照。

部位 生まれた神
正鹿山津見(まさかやまつみ)の神
淤縢山津見(おとやまつみ)の神
奧山津見(おくやまつみ)の神
陰部 闇山津見(くらやまつみ)の神
左手 志藝山津見(しぎやまつみ)の神
右手 羽山津美(はやまつみ)の神
左足 原山津見(はらやまつみ)の神
右足 戸山津見(とやまつみ)の神

なお伊邪那岐がふるった剣の名を天の尾羽張(別名、伊都の尾羽張)という。

 ここにその妹伊耶那美の命を相見まくおもほして、黄泉國(よもつくに)に追ひ往いでましき。ここに殿(との)の縢(くみ)戸より出で向へたまふ時に、伊耶那岐の命語らひて詔りたまひしく、「愛(うつく)しき我(あ)が汝妹(なにも)の命、吾と汝と作れる國、いまだ作り竟(を)へずあれば、還りまさね」と詔りたまひき。ここに伊耶那美の命の答へたまはく、「悔(くや)しかも、速(と)く來まさず。吾は黄泉戸喫(よもつへぐひ)しつ。然れども愛しき我が汝兄(なせ)の命、入り來ませること恐(かしこ)し。かれ還りなむを。しまらく黄泉神(よもつかみ)と論(あげつら)はむ。我をな視たまひそ」と、かく白して、その殿内(とのぬち)に還り入りませるほど、いと久しくて待ちかねたまひき。かれ左の御髻(みみづら)に刺させる湯津爪櫛(ゆつつまぐし)の男柱一箇(ひとつ)取り闕(か)きて、一つ火(び)燭(とも)して入り見たまふ時に、蛆たかれころろぎて、頭には大雷(おほいかづち)居り、胸には火(ほ)の雷居り、腹には黒雷居り、陰ほとには拆(さく)雷居り、左の手には若(わき)雷居り、右の手には土(つち)雷居り、左の足には鳴(なる)雷居り、右の足には伏(ふし)雷居り、并はせて八くさの雷神成り居りき。

伊邪那美に会いたいと思った伊邪那岐は黄泉の国に行き「帰ろう」と呼びかけるが、伊邪那美はすでに黄泉の国の食べ物を口にした後だった。しかしせっかく来てくれたのだから黄泉の神と相談してくる。それまで私の姿を見てはいけないと言う。伊邪那岐は待ちくたびれて髪に刺してあった櫛を一本折り火を灯す。そして見た伊邪那美の姿は蛆がたかり体の各部位には八体の雷神がついていた。(参考3には異説が述べられている)

 ここに伊耶那岐の命、見み畏(かしこ)みて逃げ還りたまふ時に、その妹伊耶那美の命、「吾に辱(はぢ)見せつ」と言ひて、すなはち黄泉醜女(よもつしこめ)を遣して追はしめき。ここに伊耶那岐の命、黒御鬘(くろみかづら)を投げ棄うてたまひしかば、すなはち蒲子(えびかづら)生(な)りき。こをひりひ食はむ間に逃げ行(い)でますを、なほ追ひしかば、またその右の御髻に刺させる湯津爪櫛を引き闕きて投げ棄(う)てたまへば、すなはち笋(たかむな)生(な)りき。こを拔き食はむ間に、逃げ行でましき。また後にはかの八くさの雷神に、千五百(ちいほ)の黄泉軍(よもついくさ)を副(たぐ)へて追はしめき。ここに御佩(みはかし)の十拳((とつか)の劒を拔きて、後手(しりへで)に振(ふ)きつつ逃げ來ませるを、なほ追ひて黄泉比良坂(よもつひらさか)の坂本に到る時に、その坂本なる桃の子(み)三つをとりて持ち撃ちたまひしかば、悉に逃げ返りき。ここに伊耶那岐の命、桃の子(み)に告(の)りたまはく、「汝(いまし)、吾を助けしがごと、葦原の中つ國にあらゆる現(うつし)き青人草の、苦(う)き瀬に落ちて、患惚(たしな)まむ時に助けてよ」とのりたまひて、意富加牟豆美(おほかむづみ)の命といふ名を賜ひき。最後(いやはて)にその妹伊耶那美の命、身(み)みづから追ひ來ましき。ここに千引の石(いはを)その黄泉比良坂(よもつひらさか)に引き塞(さ)へて、その石を中に置きて、おのもおのも對(む)き立たして、事戸(ことど)を度(わた)す時に、伊耶那美の命のりたまはく、「愛(うつくし)き我(あ)が汝兄(なせ)の命、かくしたまはば、汝(いまし)の國の人草、一日(ひとひ)に千頭(ちかしら)絞(くび)り殺さむ」とのりたまひき。ここに伊耶那岐の命、詔りたまはく、「愛しき我が汝妹(なにも)の命、汝(みまし)然したまはば、吾(あ)は一日に千五百(ちいほ)の産屋(うぶや)を立てむ」とのりたまひき。ここを以ちて一日にかならず千人(ちたり)死に、一日にかならず千五百人なも生まるる。

伊邪那美の変り果てた姿に恐れを抱いた伊邪那岐は逃げ出した。伊邪那美は「辱(はずかしめ)を受けた」と言って黄泉醜女に後を追わせた。伊邪那岐が黒御鬘(注、植物を輪にした魔よけ)を投げ捨てると蒲子(注、山葡萄)が生えた。黄泉醜女がこれを食べている間にさらに逃げるが、まだ追ってくるので湯津爪櫛(注、櫛)を投げ捨てると今度は竹の子が生えた。黄泉醜女がこれを食べている間にさらに逃げる。伊邪那美は八体の雷神に千五百の軍勢をつけて追わせる。伊邪那岐は十拳の剣で防ぎながら逃げて黄泉比良坂までたどりついたがまだ追ってくる。そこで坂の下にあった桃の実を三つとって投げつけると軍勢は逃げていった。

伊邪那岐は桃の実に「自分を助けたように葦原の中つ国(注、日本)の人々が苦しんでいたら助けてやってくれ」と言って、桃の実に意富加牟豆美(おほかむづみ)の命という名を与えた。

最後に伊邪那美が自ら追ってきたので、千引の石で黄泉比良坂を塞ぎ、両者はその石をはさんで対面した。伊邪那美は「愛しいあなたがこんな仕打ちをするのなら、あなたの国の人々を一日に千人殺します」という。伊邪那岐は「愛しいあなたがそうするなら、私は一日に千五百の産屋を立てる」という。これ以来、一日に必ず千人死に、千五百人生まれることとなった。

 かれその伊耶那美の命に號(なづ)けて黄泉津(よもつ)大神といふ。またその追ひ及(し)きしをもちて、道敷(ちしき)の大神ともいへり。またその黄泉(よみ)の坂に塞(さは)れる石は、道反(ちかへし)の大神ともいひ、塞(さ)へます黄泉戸(よみど)の大神ともいふ。かれそのいはゆる黄泉比良坂(よもつひらさか)は、今、出雲の國の伊賦夜(いぶや)坂といふ。

このようにして伊邪那美の命は黄泉津(よもつ)大神といわれるようになった。また追いかけてきたことをもって道敷(ちしき)の大神ともいう。黄泉比良坂を塞いだ石を道反(ちかへし)の大神ともいい、塞(さ)へます黄泉戸(よみど)の大神ともいう。この黄泉比良坂は現在の島根県の伊賦夜(いぶや)坂という。

今回は古代史について妄想したくなる内容である。最後の段落では伊邪那美は「大神」であってやはり尊い神格であることがわかる。黄泉比良坂を塞いだ石も大神である。