参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

参考の古事記では高天原を「たかまのはら」としていますがこのブログでは「たかあまはら」で通します。


短いので全文引用。

参考1より

 天地(あめつち)の初發(はじめ)の時、高天原(たかあまはら)に成りませる神の名(みな)は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。次に高御産巣日神(たかみむすびのかみ)。次に神産巣日神(かむむすびのかみ)。この三柱(みはしら)の神は、みな獨神(ひとりがみ)に成りまして、身(みみ)を隱したまひき。

次に國稚(わか)く、浮かべる脂の如くして水母(くらげ)なす漂へる時に、葦牙(あしかび)のごと萠え騰がる物に因りて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遲神(うましあしかびひこぢのかみ)。次に天之常立神(あめのとこたちのかみ)。この二柱(ふたはしら)の神もみな獨神(ひとりがみ)に成りまして、身(みみ)を隱したまひき。

上の件(くだり)、五柱の神は別天(ことあまつ)神。

次に成りませる神の名は、國之常立神(くにのとこたちのかみ)。次に豐雲野神(とよくもののかみ)。この二柱の神も、獨神に成りまして、身を隱したまひき。次に成りませる神の名は、宇比地邇神(うひぢにのかみ)。次に妹(いも)須比智邇神(すひぢにのかみ)。次に角杙神(つのぐひのかみ)。次に妹(いも)活杙神(いくぐひのかみ)二柱。次に意富斗能地神(おほとのぢのかみ)。次に妹(いも)大斗乃辨神(おほとのべのかみ)。次に於母陀琉神(おもだるのかみ)。次に妹(いも)阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)。次に伊耶那岐神(いざなぎのかみ)。次に妹(いも)伊耶那美神(いざなみのかみ)。

上の件、國之常立神(くにのとこたちのかみ)より下(しも)、伊耶那美神(いざなみのかみ)より前(さき)を、并はせて神世七代(かみよななよ)とまをす。(上の二柱は、獨神おのもおのも一代とまをす。次に雙(なら)びます十神はおのもおのも二神を合はせて一代とまをす。)

世界のはじまりにおいて高天原(たかあまはら)に最初に現れたのは天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、次に高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かむむすびのかみ)でこの三柱を造化三神という。

つぎに宇摩志阿斯訶備比古遲神(うましあしかびひこぢのかみ)、天之常立神(あめのとこたちのかみ)が現れ、ここまでの五柱の神々を別天津神(ことあまつかみ)という。

別天神は「天津神(あまつかみ)」のなかでも特別の存在とされる。後になると「国津神(くにつかみ)」という地の神様が出てくる。

つぎに国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよくもののかみ)が現れる。

ここまでの七柱は独神(ひとりがみ)と呼ばれ性別はない。日本書紀では国常立尊(くにとこたちのみこと)が原初の神とされる。なお日本列島そのものが国常立尊の御神体であるともいわれる。

この後も多くの神々が出てくるが必ずしも先に現れたから偉いというわけではないようである。

続いて五組十柱の神々が現れるがここからは性別ができて男女の対になっている。

宇比地邇神(うひぢにのかみ) 須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ) 活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのじのかみ) 大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ) 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 伊邪那美神(いざなみのかみ)

男女一組を一代と数えて、国之常立神から伊邪那美神までを神代七代(かみよななよ)という。