MBP2015にubuntu-mateを入れた際(というか後)の備忘録

  • ブログのためにawscliをインストール。pip3で入れるとエラーを吐くのでアンインストールしてpython2.7用のpipで入れたらうまくいった。

  • emacs25.3をソースから入れた。initial-frame-alistの設定が効かない。フォントの設定もemacs24とは違う。フレームやらフォントの設定はいつも面倒くさい。検索しても解決法がわからずとりあえずの関数を書いて妥協で済ませてしまった。

  • 新環境ではmewemacs付属のpackageでインストールするよりソースをとってきてmake && make installするほうがいいと思う。そうすると*.el以外のバイナリも一緒にインストールされる。これがないと文字化けなどが生じることがある。

  • mateのデフォルトではsuperキーを押すとアプリケーションメニューが開いてしまう。これは非常に煩わしいのでHow can I disable Super Key in ubuntu-mate 18.04?を参考にして修正した。ターミナルで以下のようにする。

$ gsettings set org.mate.mate-menu hot-key ''
$ gsettings set com.solus-project.brisk-menu hot-key ''