参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


「絶対見るなよ!?」型の物語。

 ここに海(わた)の神の女豐玉毘賣(とよたまひめ)の命、みづからまゐ出て白さく、「妾(あれ)すでに妊めるを、今産(こう)む時になりぬ。こを念ふに、天つ神の御子、海原に生みまつるべきにあらず、かれまゐ出きつ」とまをしき。ここにすなはちその海邊の波限(なぎさ)に、鵜の羽を葺草(かや)にして、産殿(うぶや)を造りき。ここにその産殿(うぶや)、いまだ葺き合へねば、御腹の急(と)きに忍(あ)へざりければ、産殿に入りましき。ここに産みます時にあたりて、その日子(ひこ)ぢに白して言はく、「およそ他(あだ)し國の人は、産(こう)む時になりては、本(もと)つ國の形になりて生むなり。かれ、妾(あれ)も今本(もと)の身になりて産まむとす。願はくは妾(あれ)をな見たまひそ」とまをしたまひき。ここにその言を奇(あや)しと思ほして、そのまさに産みますを伺見(かきまみ)たまへば、八尋鰐(やひろわに)になりて、匍匐(は)ひもこよひき。すなはち見驚き畏みて、遁げ退(そ)きたまひき。ここに豐玉毘賣の命、その伺見(かきまみ)たまひし事を知りて、うら恥(やさ)しとおもほして、その御子を生み置きて白さく、「妾(あれ)、恆は海道(うみつぢ)を通して、通はむと思ひき。然れども吾が形を伺見(かきまみ)たまひしが、いと怍(はづか)しきこと」とまをして、すなはち海坂(うなさか)を塞(せ)きて、返り入りたまひき。ここを以ちてその産(う)みませる御子に名づけて、天つ日高日子波限建鵜葺草葺合へず(あまつひこなぎさたけうがやふきあへず)の命とまをす。然れども後には、その伺見(かきまみ)たまひし御心を恨みつつも、戀(こ)ふる心にえ忍(あ)へずして、その御子を養(ひた)しまつる縁(よし)に因りて、その弟(いろと)玉依毘賣(たまよりひめ)に附けて、歌獻りたまひき。その歌、

しばらくしてワダツミの神の娘のトヨタマヒメの命はホオリの命の後を慕って陸の国にのぼり「わたしは身籠っておりましたが、いよいよ産むときになりました。思うに天津神の御子を海原にお産みまいらせるべきではありません。それゆえのぼってまいりました」と言った。

海辺のなぎさに、鵜の羽を茅葺きの草のかわりにした屋根の産屋を造りはじめた。しかしその産屋が完成するまえに陣痛がはじまったので産屋に入ることになった。いよいよ産むときとなって、ホオリの命にむかって言うには「他国のものは子を産むときには本の国の姿になって産むものでございます。わたしも本の姿にもどって産みたいと思います。どうかわたしの姿を決して見ないでください。」

ホオリの命はその言葉を異なものよと思いその産むところを覗き見すると、トヨタマヒメはワニの姿になって這いまわっていた。それを見て驚き恐れて逃げ退いた。

トヨタマヒメの命はホオリの命が覗き見したのを知りはずかしいことよと思い、御子を生んで言うには「わたしは海の道を往来して通うつもりでおりましたが、姿をみられたからには残念ながらもはやそういうわけにはまいりません」と言って、海の中に姿を消した。

さてトヨタマヒメの生んだ御子をアマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズの命という。

(メモ) 「アマツヒコ、ヒコ、ナギサタケ、ウガヤフキアエズ」文章のように区切ると読みやすい。ウガヤフキアエズというのは直訳すれば屋根を葺き終えるのが間に合わなかったということだろう。(メモここまで)

後になってトヨタマヒメは姿を見られたことを恨みつつも良人を恋焦がれる気持ちをおさえられず、御子を養育するため陸の国に遣わしてあった妹タマヨリヒメに歌を託して

 赤玉は 緒さへ光れど、
 白玉の 君が裝(よそひ)し
 貴くありけり。  (歌謠番號八)

赤珠は緒まで光りますが、
白玉のような君のお姿は
それにもまして貴いものです。

 かれその日子(ひこぢ)答へ歌よみしたまひしく、

ホオリの命の返歌

 奧つ鳥 鴨著(ど)く島に
 我が率寢(ゐね)し 妹(いも)は忘れじ。
 世の盡(ことごと)に。  (歌謠番號九)

海鳥が着く島で
ともに寝た愛する妻のことは忘れられない。
世の終わりまでも。

 かれ日子穗穗出見の命は、高千穗の宮に五百八拾歳(いほちまりやそとせ)ましましき。御陵(はか)はその高千穗の山の西にあり。

日子穗穗出見の命(ホオリの命)は高千穂の宮に五百八十歳までいた。御陵は高千穂の山の西にある。

(メモ)

  • ウガヤフキアエズ朝という王朝が存在したのではないかという説は古代史や精神界に興味のある人には有名ですが言及するにとどめます。

  • 「海鳥が着く島」と詠んでいることから前回の話は海中の物語というよりはどこかの島の物語というほうが現実的ではあります。