参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


今回は少々長いですが古事記の有名な場面の一つです。ニニギの命の長男ホデリ(海幸彦)と末っ子のホオリ(山幸彦)の物語。ホオリの命の別名が日子穗穗出見の命です。

 かれ火照の命は、海佐知毘古として、鰭(はた)の廣物(ひろもの)鰭(はた)の狹物(さもの)を取り、火遠理の命は山佐知毘古として、毛の麤物(あらもの)毛の柔物(にこもの)を取りたまひき。ここに火遠理の命、その兄火照の命に、「おのもおのも幸易(か)へて用ゐむ」と謂ひて、三度乞はししかども、許さざりき。然れども遂にわづかにえ易(か)へたまひき。ここに火遠理の命、海幸をもちて魚釣らすに、ふつに一つの魚だに得ず、またその鉤(つりばり)をも海に失ひたまひき。ここにその兄(いろせ)火照の命その鉤を乞ひて、「山幸もおのが幸幸。海幸もおのが幸幸。今はおのもおのも幸返さむ」といふ時に、その弟(いろと)火遠理の命答へて曰はく、「汝(みまし)の鉤は、魚釣りしに一つの魚だに得ずて、遂に海に失ひつ」とまをしたまへども、その兄強(あながち)に乞ひ徴(はた)りき。かれその弟、御佩しの十拳の劒を破りて、五百鉤(いほはり)を作りて、償(つぐの)ひたまへども、取らず、また一千鉤(ちはり)を作りて、償ひたまへども、受けずして、「なほその本の鉤を得む」といひき。

さてホデリの命は海幸彦として海の幸(魚介類)をとり、ホオリの命は山幸彦として山の幸(獣、鳥など)をとっていた。あるときホオリの命は兄のホデリの命に「ちょっと道具を交換してみよう」と言って三度頼んだがホデリの命は許さなかった。しかし、粘った甲斐あって交換することができた。ホオリの命はその道具で釣りに出掛けたが魚は釣れず、釣り針も海で失くしてしまった。

そこへ兄のホデリの命がやってきて「お互いの道具を元に戻そう」というと弟のホオリの命は「いやぁ、魚も釣れなかったし、釣り針も無くしてしまった」と答えたところ、ホデリはどうしても釣り針を返せと強弁した。そこで弟のホオリの命は自分の剣を加工して釣り針を五百本作って償ったけれどもホデリの命は受けとらず、さらに一千本作って償ったがそれも受けとらず「元の釣り針を返せ」と迫った。

 ここにその弟、泣き患へて海邊(うみべた)にいましし時に、鹽椎(しおつち)の神來て問ひて曰はく、「何(いか)にぞ虚空津日高(そらつひこ)の泣き患へたまふ所由(ゆえ)は」と問へば、答へたまはく、「我、兄(いろせ)と鉤を易へて、その鉤(つりばり)を失ひつ。ここにその鉤を乞へば、多(あまた)の鉤を償へども、受けずて、なほその本の鉤を得むといふ。かれ泣き患ふ」とのりたまひき。ここに鹽椎(しおつち)の神、「我、汝が命のために、善き議(たばかり)せむ」といひて、すなはち間(ま)なし勝間(かつま)の小船を造りて、その船に載せまつりて、教へてまをさく、「我、この船を押し流さば、やや暫(しまし)いでまさば、御路(みち)あらむ。すなはちその道に乘りていでましなば、魚鱗(いろこ)のごと造れる宮室(みや)、それ綿津見(わたつみ)の神の宮なり。その神の御門に到りたまはば、傍の井の上に湯津香木(ゆつかつら)あらむ。かれその木の上にましまさば、その海(わた)の神の女、見て議(はか)らむものぞ」と教へまつりき。

困った弟が半べそをかいて海辺にいたところ、シオツチの神(海水の神)が現れて「なぜソラツヒコ(天の御子)ともあろうものが泣いておられるか」と問うと、「兄の釣り針を借りてそれを失ってしまったのです。それをどうしても返せというので、たくさんの釣り針を作って償ったのに受けてもらえず、どうしても元の釣り針を返せというのです。それで泣いているのです」と答えた。

そこでシオツチの神は「何か良い案を考えて進ぜよう」と言い、隙間のない籠の小舟(潜水艦のようなものだろうか?)を造ってホオリの命を載せて次のように教えた。「私がこの船を押し出しましょうほどに、そのまましばらく進みなされ。すると良い潮流が見つかりましょう。その流れにのっていけば魚の鱗のようにぎっしり造った宮がありそれがワダツミの神の宮です。その門に着いたらすぐ近くの井戸の上に立派な香木がありましょう。その木の上で待ちなされ。ワダツミの神の娘が何とかしてくれましょう。」

 かれ教へしまにまに、少し行でましけるに、つぶさにその言の如くなりき。すなはちその香木(かつら)に登りてまします。ここに海(わた)の神の女豐玉毘賣(とよたまひめ)の從婢(まかだち)、玉盌(たまもい)を持ちて、水酌まむとする時に、井に光(かげ)あり。仰ぎ見れば、麗しき壯夫(をとこ)あり。いと奇(あや)しとおもひき。ここに火遠理の命、その婢(まかだち)を見て、「水をたまへ」と乞ひたまふ。婢すなはち水を酌みて、玉盌(たまもい)に入れて貢進(たてまつ)る。ここに水をば飮まさずして、御頸の璵(たま)を解かして、口に含みてその玉盌に唾(つば)き入れたまひき。ここにその璵(たま)、器(もひ)に著きて、婢璵をえ離たず、かれ著きながらにして豐玉毘賣の命に進りき。ここにその璵(たま)を見て、婢(まかだち)に問ひて曰く、「もし門(かど)の外(と)に人ありや」と問ひしかば、答へて曰はく、「我が井の上の香木(かつら)の上に人います。いと麗しき壯夫(をとこ)なり。我が王にも益りていと貴し。かれその人水を乞はしつ。かれ水を奉りしかば、水を飮まさずて、この璵(たま)を唾(つば)き入れつ。これえ離たざれば、入れしまにま將(も)ち來て獻(たてまつ)る」とまをしき。ここに豐玉毘賣の命、奇(あや)しと思ほして、出で見て見感(め)でて、目合(まぐはひ)して、その父に、白して曰はく、「吾が門に麗しき人あり」とまをしたまひき。ここに海(わた)の神みづから出で見て、「この人は、天つ日高の御子、虚空つ日高(そらつひこ)なり」といひて、すなはち内に率て入れまつりて、海驢(みち)の皮の疊(たたみ)八重を敷き、また絁(きぬ)疊(たたみ)八重をその上に敷きて、その上に坐(ま)せまつりて、百取(ももとり)の机代(つくえしろ)の物を具へて、御饗(みあえ)して、その女豐玉毘賣に婚(あ)はせまつりき。かれ三年に至るまで、その國に住みたまひき。

ホオリの命は教わったとおりに進んでいくとシオツチの神の言葉通りだったのでその香木に登って待つことにした。するとワダツミの神の娘のトヨタマヒメの侍女が壺を持って水を酌もうとしたときに井戸に影がおちた。仰ぎ見れば良い男がいる。

ホオリの命はその侍女に「水をくれないか」と乞うた。侍女は水を酌んで壺をささげた。しかしホオリの命は水を飲まず、首の珠を解いてその壺に吐き出した。その珠は壺にくっついて侍女は剥すことができなかった。仕方無く壺をそのままトヨタマヒメにささげたところ、トヨタマヒメはその珠に気付いて「門の外に誰かいるのですか?」と問うた。

侍女は答えて、「井戸の上の香木の上に人がございます。それは麗しい殿方でございます。我がワダツミの神様よりも貴い御方のようにお見受けしました。その御方が水を乞われたので水をさしあげたところ水は飲まずにその珠を壺に吐き出されたのです。これがどうしてもとれませんでしたので、そのまま持って参りました。」

トヨタマヒメは不思議なことよと出て見ると、即座に恋に落ち契りをかわすこととなった。そして父のワダツミの神に「門に立派な御方がおられます」と言った。そこでワダツミの神は自ら立って出る。「この御方は天の御子、ソラツヒコである」と言って、宮の内に招き入れ、立派な敷物を何重にも重ねてホオリの命の座をつくり宝物をうず高く積んで捧げ、トヨタマヒメとの婚礼を行った。

そしてホオリの命は三年の間その国に暮らすことになった。

 ここに火遠理の命、その初めの事を思ほして、大きなる歎(なげき)一つしたまひき。かれ豐玉毘賣の命、その歎を聞かして、その父に白して言はく、「三年住みたまへども、恆(つね)は歎かすことも無かりしに、今夜(こよひ)大きなる歎一つしたまひつるは、けだしいかなる由かあらむ」とまをしき。かれ、その父の大神、その聟(むこ)の夫に問ひて曰はく、「今旦(けさ)我が女の語るを聞けば、三年坐しませども、恆は歎かすことも無かりしに、今夜大きなる歎したまひつとまをす。けだし故ありや。また此間(ここ)に來ませる由はいかに」と問ひまつりき。ここにその大神に語りて、つぶさにその兄の失せにし鉤(つりばり)を徴(はた)れる状の如語りたまひき。ここを以ちて海の神、悉(ことごと)に鰭(はた)の廣物(ひろもの)鰭(はた)の狹物(さもの)を召び集へて問ひて曰はく、「もしこの鉤を取れる魚ありや」と問ひき。かれ諸の魚ども白さく、「このごろ赤海鯽魚(たひ)ぞ、喉(のみと)に鯁(のぎ)ありて、物え食はずと愁(うれ)へ言へる。かれかならずこれが取りつらむ」とまをしき。ここに赤海鯽魚の喉を探りしかば、鉤あり。すなはち取り出でて清洗(すす)ぎて、火遠理の命に奉る時に、その綿津見の大神誨(をし)へて曰さく、「この鉤をその兄に給ふ時に、のりたまはむ状は、この鉤は、淤煩鉤(おばち)、須須鉤(すすち)、貧鉤(まぢち)、宇流鉤(うるち)といひて、後手(しりへで)に賜へ。然してその兄高田(あげた)を作らば、汝が命は下田(くぼた)を營(つく)りたまへ。その兄下田を作らば、汝が命は高田を營りたまへ。然したまはば、吾水を掌(し)れば、三年の間にかならずその兄貧しくなりなむ。もしそれ然したまふ事を恨みて攻め戰はば、鹽盈つ珠(しをみつたま)を出して溺らし、もしそれ愁へまをさば、鹽乾る珠(しをふるたま)を出して活(いか)し、かく惚苦(たしな)めたまへ」とまをして、鹽盈つ珠鹽乾る珠并(あわ)せて兩箇(ふたつ)を授けまつりて、すなはち悉に鰐(わに)どもをよび集へて、問ひて曰はく、「今天つ日高の御子虚空つ日高、上(うは)つ國に幸(い)でまさむとす。誰は幾日に送りまつりて、覆奏(かへりごとまを)さむ」と問ひき。かれおのもおのもおのが身の尋長(たけ)のまにまに、日を限りて白す中に、一尋鰐(ひとひろわに)白さく、「僕(あ)は一日に送りまつりて、やがて還り來なむ」とまをしき。かれここにその一尋鰐に告りたまはく、「然らば汝送りまつれ。もし海(わた)中を渡る時に、な惶畏(かしこま)せまつりそ」とのりて、すなはちその鰐の頸に載せまつりて、送り出しまつりき。かれ期(ちぎ)りしがごと一日の内に送りまつりき。その鰐返りなむとする時に、佩かせる紐小刀(ひもがたな)を解かして、その頸に著けて返したまひき。かれその一尋鰐は、今に佐比持(さひもち)の神といふ。

三年経ったある時、ホオリの命は事の始まりを思い出して大きな溜息をついた。トヨタマヒメはそれを聞いて父のワダツミの神に「わが良人は三年の間ため息などついたことはありませんでしたが、大きなため息をついたのはどういう理由でしょうか」と言った。ワダツミの神は婿のホオリの命に「娘がいうには婿どのは今までため息などついたこともないのに大きなため息をついたという。故あってのことか。またそもそもここに来た理由はなにか」と問うた。そこでホオリの命は兄の釣り針を失ったこと、それを責められていることなどの子細を語った。

ワダツミの神は大小の魚たちをよび集めて「この釣り針をとった魚はおるか?」と尋ねた。魚たちは「このごろ鯛がのどに棘がささって物が食えぬで困ったことじゃと申しております。きっとこの鯛でしょう」という。

そこで鯛の喉をみると釣り針がみつかった。それをとり出して濯いでホオリの命に献上するときに、ワダツミの大神はホオリの命に「この釣り針を兄に返すときに『この釣り針はオバチ、ススチ、マヂチ、ウルチ』と唱え、うしろ手に渡すのじゃ。そして兄が上に田を作れば婿どのは下に田を作りなされ。兄が下に田を作れば婿どのは上に作りなされ。そうすればワシは水を司る神であるから三年の間に兄は貧しくなるじゃろう。それを恨んで攻めてきたら潮満つ珠をつかって溺らせ、それで謝ってきたら潮干る珠をつかって活かしてやるのじゃ。そうやって改心させなされ」と教えた。そうして潮満つ珠と潮干る珠の二つを授けた。

(疑問) 『この鉤は、淤煩鉤(おばち)、須須鉤(すすち)、貧鉤(まぢち)、宇流鉤(うるち)といひて、後手(しりへで)に賜へ。』 - 煩(わずらい)の鉤、貧乏の鉤というのはわかるが、須須、宇流の解釈がわからない。後手というのも後ろを向いて渡すのでは変だろうし、いまいち良くわからずにいる。(疑問ここまで)

そうしてワニを呼び集めると「今、天の御子のソラツヒコが陸の国にお戻りなさる。誰が何日でお送りできるか申せ」と問うた。ワニたちはそれぞれの能力をわきまえて日数を限って申告したが、一尋鰐(ヒトヒロワニ)は「自分なら一日で送って還ってくる」と豪語した。「それではそなたがお送りしなさい。海中を通るときに決して驚かせるようなことがあってはならんぞ」と言って、そのワニの頸にホオリの命をのせて送り出した。するとワニの言葉通りに一日の内に到着した。

そのワニが返ろうとしたときに、ホオリの命は労をねぎらって身につけていた小刀を解いて鰐の頸につけて送り返した。そのヒトヒロワニは今ではサヒモチの神となっている。

 ここを以ちてつぶさに海(わた)の神の教へし言の如、その鉤を與へたまひき。かれそれより後、いよよ貧しくなりて、更に荒き心を起して迫め來(く)。攻めむとする時は、鹽盈つ珠(しをみつたま)を出して溺らし、それ愁へまをせば、鹽乾る珠(しをふるたま)を出して救ひ、かく惚苦(たしな)めたまひし時に、稽首(のみ)白さく、「僕(あ)は今よ以後(のち)、汝が命の晝夜(ひるよる)の守護人(まもりびと)となりて仕へまつらむ」とまをしき。かれ今に至るまで、その溺れし時の種種の態(わざ)、絶えず仕へまつるなり。

さてホオリの命はワダツミの神の教えの通りに兄のホデリの命に釣り針を返した。するとその教えの通りにホデリの命は窮乏していき心が荒み、ホオリの命に攻撃してきた。そこで攻めてきたところを潮満つ珠を用いて溺らせ、溺れて弱音を吐けば潮干る珠を用いて救い、さんざん懲らしめると、ホデリの命はついに頭を下げて「これから後はそなたの夜昼の守り人となって仕えまつろう」と言った。そして今に至るまでその溺れたときの様を舞楽で演じ奉ることになった。

(メモ) 前回に出てきたようにホデリの命は隼人の祖神

隼人 - Wikipedia

服属後もしばしば朝廷に対し反乱を起こし、大隅隼人などは713年(和銅6年)の大隅国設置後にも反乱を起こしたが、720年(養老4年)に勃発した隼人の反乱と呼ばれる大規模な反乱が、征隼人将軍大伴旅人によって翌721年に征討された後には完全に服従した。(中略)

古くから畿内に移住させられ、宮中で守護に当たるほか、芸能、相撲、竹細工などを行うようになった。特に山城国(京都府)南部に多く定住し、大隅隼人の住んだ現在の京都府京田辺市には「大住」の地名が残る。律令制下においては、隼人司(衛門府、後に兵部省)が、これらを司った。

古事記の成立が和銅4、5年頃なので、その前後まで手を焼いていたが朝廷との関係自体はかなり古くからあるということでしょうか。