参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: ねずさんと語る古事記・弐 (青林堂ビジュアル)

断りのない引用は参考1からのものです。


 かれここに速須佐の男の命、言(まを)したまはく、「然らば天照らす大御神にまをして罷りなむ」と言まをして、天にまゐ上りたまふ時に、山川悉に動(とよ)み國土皆震(ゆ)りき。ここに天照らす大御神聞き驚かして、詔りたまはく、「我が汝兄(なせ)の命の上り來ます由(ゆゑ)は、かならず善(うるは)しき心ならじ。我が國を奪はむとおもほさくのみ」と詔りたまひて、すなはち御髮(みかみ)を解きて、御髻(みみづら)に纏かして、左右の御髻にも、御鬘(かづら)にも、左右の御手にも、みな八尺(やさか)の勾玉(まがたま)の五百津(いほつ)の御統(みすまる)の珠を纏き持たして、背(そびら)には千入(ちのり)の靫(ゆき)を負ひ、平(ひら)には五百入(いほのり)の靫(ゆき)を附け、また臂(ただむき)には稜威(いづ)の高鞆(たかとも)を取り佩ばして、弓腹(ゆばら)振り立てて、堅庭は向股(むかもも)に蹈みなづみ、沫雪(あわゆき)なす蹶(く)ゑ散(はらら)かして、稜威の男建(をたけび)、蹈み建(たけ)びて、待ち問ひたまひしく、「何とかも上り來ませる」と問ひたまひき。ここに速須佐の男の命答へ白したまはく、「僕(あ)は邪(きたなき)心無し。ただ大御神の命もちて、僕が哭きいさちる事を問ひたまひければ、白しつらく、僕は妣(はは)の國に往(い)なむとおもひて哭くとまをししかば、ここに大御神汝(みまし)はこの國にな住(とど)まりそと詔りたまひて、神逐(かむやらひ)逐ひ賜ふ。かれ罷りなむとする状(さま)をまをさむとおもひて參ゐ上りつらくのみ。異(け)しき心無し」とまをしたまひき。ここに天照らす大御神詔りたまはく、「然らば汝(みまし)の心の清明(あかき)はいかにして知らむ」とのりたまひしかば、ここに速須佐の男の命答へたまはく、「おのもおのも誓(うけ)ひて子生まむ」とまをしたまひき。

伊邪那岐の大神に追放された須佐之男の命は、「天照大御神に申し上げてから行こう」ということにして高天原に上った。そのとき国土がことごとく震(ゆ)れた。天照大御神はこれを聞いて「国を奪いにきたのだろう」と推測し完全武装して待ち構えた。そして須佐之男命に「なぜ上ってきたか」と問うた。須佐之男命は「邪な心ではなく、伊邪那岐の大御神に神逐いにされたので、それを申し上げてから行こうとしているだけです。異心はありません」と答えた。天照大御神は「どのようにしてそれを証明するのか」と問うた。そこで須佐之男命は「誓約(うけい)」を提案する。

誓約というのは

うけい - Wikipediaより

うけい(うけひ)は、古代日本で行われた占いである。宇気比、誓約、祈、誓などと書く。ある事柄(例えば「スサノオに邪心があるかどうか」)について、『そうならばこうなる、そうでないならば、こうなる』とあらかじめ宣言を行い、そのどちらが起こるかによって、吉凶、正邪、成否などを判断する。

日本神話では、重要な場面で誓約が行われている。

ということである。

かれここにおのもおのも天の安の河を中に置きて誓うけふ時に、天照らす大御神まづ建速須佐の男の命の佩(は)かせる十拳(とつか)の劒(つるぎ)を乞ひ度(わた)して、三段(みきだ)に打ち折りて、ぬなとももゆらに、天(あめ)の眞名井(まなゐ)に振り滌ぎて、さ齧(が)みに齧(か)みて、吹き棄つる氣吹(いぶき)の狹霧(さぎり)に成りませる神の御名は、多紀理毘賣(たぎりびめ)の命、またの御名は奧津島比賣(おきつしまひめ)の命といふ。次に市寸島比賣(いちきしまひめ)の命、またの御名は狹依毘賣(さよりびめ)の命といふ。次に多岐都比賣(たぎつひめ)の命三柱。速須佐の男の命、天照らす大御神の左の御髻(みみづら)に纏(ま)かせる八尺(やさか)の勾珠(まがたま)の五百津(いほつ)の御統(みすまる)の珠を乞ひ度して、ぬなとももゆらに、天(あめ)の眞名井に振り滌ぎて、さ齧みに齧みて、吹き棄つる氣吹の狹霧に成りませる神の御名は、正勝吾勝勝速日(まさかあかつかちはやび)天(あめ)の忍穗耳(おしほみみ)の命。また右の御髻に纏かせる珠を乞ひ度して、さ齧みに齧みて、吹き棄つる氣吹の狹霧に成りませる神の御名は、天の菩卑(ほひ)の命。また御鬘(みかづら)に纏かせる珠を乞ひ度して、さ齧みに齧みて、吹き棄つる氣吹の狹霧に成りませる神の御名は、天津日子根(あまつひこね)の命。また左の御手に纏(ま)かせる珠を乞ひ度して、さ齧みに齧みて、吹き棄つる氣吹の狹霧に成りませる神の御名は、活津日子根(いくつひこね)の命。また右の御手に纏かせる珠を乞ひ度して、さ齧みに齧みて、吹き棄つる氣吹の狹霧に成りませる神の御名は、熊野久須毘(くまのくすび)の命(并はせて五柱。)

 ここに天照らす大御神、速須佐(はやすさ)の男の命に告(の)りたまはく、「この後に生(あ)れませる五柱の男子(ひこみこ)は、物實(ものざね)我が物に因りて成りませり。かれおのづから吾が子なり。先に生れませる三柱の女子(ひめみこ)は、物實汝(いまし)の物に因りて成りませり。かれすなはち汝の子なり」と、かく詔のり別けたまひき。

 かれその先に生れませる神、多紀理毘賣(たきりびめ)の命は、胸形の奧津(おきつ)宮にます。次に市寸島比賣(いちきしまひめ)の命は胸形の中津(なかつ)宮にます。次に田寸津比賣(たぎつひめ)の命は、胸形の邊津(へつ)宮にます。この三柱の神は、胸形の君等がもち齋(いつ)く三前(みまへ)の大神なり。

 かれこの後に生(あ)れませる五柱の子の中に、天の菩比(ほひ)の命の子建比良鳥(たけひらとり)の命、こは出雲の國の造(みやつこ)、无耶志(むざし)の國の造、上(かみ)つ菟上(うなかみ)の國の造、下(しもつ)菟上(うなかみ)の國の造、伊自牟(いじむ)の國の造、津島(つしま)の縣(あがた)の直(あたへ)、遠江(とほつあふみ)の國の造等が祖(おや)なり。次に天津日子根(あまつひこね)の命は、凡川内(おふしかふち)の國の造、額田部(ぬかたべ)の湯坐(ゆゑ)の連(むらじ)、木の國の造、倭(やまと)の田中の直(あたへ)、山代(やましろ)の國の造、馬來田(うまくた)の國の造、道(みち)の尻岐閇(しりきべ)の國の造、周芳(すは)の國の造、倭(やまと)の淹知(あむち)の造(みやつこ)、高市(たけち)の縣主(あがたぬし)、蒲生(かまふ)の稻寸(いなぎ)、三枝部(さきくさべ)の造等が祖なり。

天照大御神は須佐之男の命の剣を三つに折り、天の眞名井(神聖な井戸)で濯ぎ、噛みくだいてプーッと吹き出すと三柱の女神が生まれた。これが宗像三女神である。福岡の宗像大社に祀られている他に、安芸の宮島なども有名である。

次に須佐之男の命は同じようにして天照大御神の五つの珠を噛みくだいて生まれたのが、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子命、熊野久須毘命の五柱。マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコトなどは舌を噛みそうな名前である。最初の二柱、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命、天之菩卑能命は後に国譲りのところで登場する。

次の一文がこの誓約の結果であるが校注版の文章の区切りに従って次回になる。