映像についてあまり書くこともないので千鳥ヶ淵で使っている桜の微分方程式を晒しておきます。と言っても式ではなくて画像だけですが。

動画で見るとかなり速く収束してしまうので画像で見たほうがわかりやすいですね。

sakura-00.jpg sakura-01.jpg sakura-02.jpg sakura-03.jpg sakura-04.jpg sakura-05.jpg sakura-06.jpg sakura-07.jpg sakura-08.jpg sakura-09.jpg

このように桜の形に収束していくのがわかると思います。5枚の花弁を作れたのでなんとか映像化できたのです。

もう少し一般的な形について研究したいと思っていますが、なかなか時間がとれないという状況であります。

画像が縦並びなのはどうなのと言われそうですが、CSSを書かないといけないのでそのうちやるかも知れません。