参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫
参考3: ねずさんと語る古事記・弐 (青林堂ビジュアル)

断りのない引用は参考1からのものです。


 かれその大年の神、神活須毘(かむいくすび)の神の女伊怒(いの)比賣に娶ひて生みませる子、大國御魂(おほくにみたま)の神。次に韓(から)の神。次に曾富理(そほり)の神。次に白日(しらひ)の神。次に聖(ひじり)の神五神。又香用(かぐよ)比賣に娶ひて生みませる子、大香山戸臣(おほかぐやまとみ)の神。次に御年(みとし)の神二柱。また天知(あめしる)迦流美豆(かるみづ)比賣に娶ひて生みませる子、奧津日子(おきつひこ)の神。次に奧津比賣(おきつひめ)の命、またの名は大戸比賣(おほへひめ)の神。こは諸人のもち拜(いつ)く竈(かまど)の神なり。次に大山咋(おほやまくひ)の神。またの名は末(すゑ)の大主(おほぬし)の神。この神は近つ淡海(あふみ)の國の日枝(ひえ)の山にます。また葛野(かづの)の松の尾にます、鳴鏑(なりかぶら)を用(も)ちたまふ神なり。次に庭津日(にはつひ)の神。次に阿須波(あすは)の神。次に波比岐(はひき)の神。次に香山戸臣(かぐやまとみ)の神。次に羽山戸(はやまと)の神。次に庭(には)の高津日(たかつひ)の神。次に大土(おほつち)の神。またの名は土(つち)の御祖(みおや)の神(九神)。

上の件、大年の神の子、大國御魂の神より下、大土の神より前、并せて十六神(とをまりむはしら)。

 羽山戸の神、大氣都比賣(おほげつひめ)の神に娶ひて生みませる子、若山咋(わかやまくひ)の神。次に若年の神。次に妹若沙那賣(わかさなめ)の神。次に彌豆麻岐(みづまき)の神。次に夏の高津日(たかつひ)の神。またの名は夏の賣(め)の神。次に秋毘賣(あきびめ)の神。次に久久年(くくとし)の神。次に久久紀若室葛根(くくきわかむろつなね)の神。

上の件、羽山戸の神の子、若山咋の神より下、若室葛根の神より前、并はせて八神。

いきなり文脈が飛んで大年の神の系譜となる。大年の神は須佐の男の命 - 系譜のところで須佐之男と神大市比賣との子として登場する。

ところで参考3によると大年の神は八島士奴美神と神大市比賣の子であるとされている(つまり須佐之男の孫)。自分が須佐の男の命 - 系譜を読んだところでは須佐之男の二人目の奥さんとの子というふうに読めたが違っているのかもしれない。少々混乱している。

ともかくこの節では須佐之男の系統である出雲神界をまとめておくということだろうか。穀物の神、竃の神、土の神などが登場している。

出雲の勢力がどこまで広がっていたのか古代史に興味があればいろいろ想像したくなる所かもしれない。少なくとも琵琶湖から西、さらに海をこえて広がっていたようである。

(今回はかなり手抜きの要約となりました。)