参考1: 校註 古事記 - 青空文庫
参考2: 現代語譯 古事記 - 青空文庫

断りのない引用は参考1からのものです。


 かれここに天の宇受賣の命に詔りたまはく、「この御前に立ちて仕へまつれる猿田毘古の大神は、もはら顯(あらわ)し申せる汝(いまし)送りまつれ。またその神の御名は、汝(いまし)負ひて仕へまつれ」とのりたまひき。ここを以ちて猿女の君等、その猿田毘古の男神の名を負ひて、女(をみな)を猿女の君と呼ぶ事これなり。かれその猿田毘古の神、阿耶訶(あざか)に坐しし時に、漁して、比良夫(ひらぶ)貝にその手を咋ひ合はさえて海水(うしほ)に溺れたまひき。かれその底に沈み居たまふ時の名を、底(そこ)どく御魂といひ、その海水のつぶたつ時の名を、つぶ立つ御魂といひ、その沫(あわ)咲く時の名を、あわ咲く御魂といふ。

ニニギの命はアメノウズメの命に「御前に立って仕える猿田毘古の大神は、その素性を明らかにしたそなたがお送り申し上げよ。またその名を名のってお仕えせよ」と仰った。これ以来、猿女の君等(一族)は猿田毘古の神の名を受け継いでその一族の女を猿女の君と呼ぶことになった。後に、この猿田毘古の神は伊勢のアザカにいて漁をしていたときにヒラブ貝に手をはさまれて溺れてしまった。その底に沈んだ時の名を底どく御魂、その海水がつぶ立つ時の名をつぶ立つ御魂、その沫が咲く時の名をあわ咲く御魂という。

 ここに猿田毘古の神を送りて、還り到りて、すなはち悉に鰭(はた)の廣物(ひろもの)鰭の狹物(さもの)を追ひ聚めて問ひて曰はく、「汝(いまし)は天つ神の御子に仕へまつらむや」と問ふ時に、諸の魚どもみな「仕へまつらむ」とまをす中に、海鼠(なまこ)白さず。ここに天の宇受賣の命、海鼠に謂ひて、「この口や答へせぬ口」といひて、紐小刀(ひもがたな)以ちてその口を拆(さ)きき。かれ今に海鼠の口拆けたり。ここを以ちて、御世(みよみよ)、島の速贄(はやにへ)獻る時に、猿女の君等に給ふなり。

アメノウズメの命は猿田毘古の神を送ったあと帰ってきて、大小の魚たちを集めて「そなたたちは天津神の御子にお仕えしますか?」と問うと、魚たちは「お仕えします」と答えたがナマコは答えなかった。そこでウズメの命は「答えぬのはこの口か!」と言って、小刀でその口を裂いてしまった。それで今でもナマコの口は裂けている。この後、志摩の海産物を献上するときには、猿女の君等に下されることになった。

(メモ)

猿女君 - Wikipedia

猿女君(さるめのきみ・猨女君)は、古代より朝廷の祭祀に携わってきた氏族の一つである。アメノウズメを始祖としている。姓は君。(…中略…)氏族の名前は、アメノウズメが天孫降臨の際にサルタヒコと応対したことにより、サルタヒコの名を残すためにニニギより名づけられたものであると神話では説明している。実際には、「戯(さ)る女」の意味であると考えられている。